山岸舞彩、結婚相手の素性判明!あの一流創業者の孫だった!

7月27日にスポニチに結婚をスクープされ、
28日には結婚していた事実を認めた
フリーアナウンサーの山岸舞彩(28)。
そのお相手の男性は「一般人」、
「会社役員」としか伝えられていなかったが、
早くも週刊文春が夫の“正体”をつかんだそうだ。

[関連商品]

週刊文春グラビア特別編集 原色美人キャスター大図鑑2015
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7月28日、一般男性と結婚したことを公表した
フリーアナウンサーの山岸舞彩(28)。
9月には芸能界を引退するといい、
「これからは彼を、そして彼の仕事を支えていく為に、
家庭に入る決心を致しました」
とコメントを寄せている。

そのお相手の男性は、
百貨店「丸井」の創業者の孫であることが、
「週刊文春」の取材により明らかになった。

「彼は38歳。
現在は不動産管理会社の代表取締役を務めています」
(山岸に近い関係者)

「週刊文春」は山岸の結婚について情報をつかみ、
7月23日の深夜に本人を直撃。
その際は、山岸は無言のまま自宅に入っていった。
                          (引用「文春web」)
[関連商品]

豆腐の盛田屋 豆乳よーぐるとぱっく【玉の輿 】セット、送料無料
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山岸の引退に関しては、
「突然すぎてショック・・・・・」
といった反応もありますが、
もっとも目立つのは、
「妊娠はしていません」
との本人コメントをからかうツイート。
確かに、最近、有名人の結婚=妊娠でしたものね。
きっぱり芸能界を引退。
それはそれで清清しい選択だと思います。
それに、個人的には納得なんですよね。
だって、NHKでスポーツキャスターを務め、
「週末の恋人」と呼ばれたものの、
「ニュースゼロ」に移籍しても、
まったく視聴率に変化なし。
いい評判は聞かなかったし、
週刊誌などでは何回も降板説がでてましたから。
とはいえ、ママタレ流行の昨今、
潔いことだと思います。
ちなみに「丸井」の創業は昭和6年(1931年)、
そして株式会社丸井グループの総資産は、
2014年度で約6700億円。
そりゃもう、アナウンサーなんかやってられないかもw
ちなみに、偉人伝にも出てますw
[関連商品]

近代日本の創業者100人 ビッグマンスペシャル 【ムック】
関連記事

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 山岸舞彩 結婚 お相手 素顔 正体 一般男性 丸井 創業者の孫

マツコのいじめ論に賛同者続出!「逃げちゃえばいい」!

いろいろと正統派な発言が、
視聴者の指示を集めているマツコ・デラックス。
もちろん生来の頭の良さや性格もあるのだろうが、
ご本人が性的・嗜好的なマイノリティであり、
テレビで有名になる前は「差別される側」だった経験が
非常に大きいのだろう。
彼(彼女?)の発言は一見、過激なように思えて、
その実、的確に本質を突いていることが多い。
今回、話題になっている「イジメ問題」発言もその例だ。

[関連商品]

いじめない力、いじめられない力 60の“脱いじめ”トレーニング付 / 品川裕香
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

27日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX系)で
マツコ・デラックスが、いじめ対策の持論を展開した。
番組では「夕刊ベスト8」のコーナーで、
教育評論家の野々村直通氏のコラム
「単刀直入」(夕刊フジ)を取り上げた。
野々村氏はここで
「私が担任であれば徹底的にいじめを憎み、
加害者を見つけ出して懲らしめる」
「真に良心に従い改心するまで叩きのめす」
と主張している。

スタジオではコメントを求められたマツコが、
野々村氏の意見は
「正しい気がするんですけど」としたうえで
「それを待っていられないくらい
切迫した状況もあるじゃない」
と切り出した。

そして、マツコは
「逃げちゃえばいいと思う」
「いじめられているような学校なんだから、
そこにすがっていることの意味なんて無いじゃん」
「(いじめられている環境では)ちゃんと勉強なんかできない」
と持論を展開した。

しかし、司会のふかわりょうはマツコに
「逃げられない状況になってしまうんでしょうかね?」
と問いかけた。

すると、マツコはしばし黙ると
「親御さんとかが見ててあげて
『様子おかしいな』と思ったら調べてあげてさ」
と、いじめを訴えづらい子どもよりも先に、
まず親がすべきことを語り始めた。

さらに
「いじめが深刻だった時点で、仕事も大変なんだろうけど、
とりあえず引越しして学校を変えるぐらいのことは、
親がしてあげなきゃいけない気がする」
と、子どものいじめを回避するための提言を続けた。

ここで、話を聞いていたコメンテーターの若林史江氏が、
居住地域ごとに学校指定がある「学区制度」を持ち出し、
引越ししなくても転校できるかどうかについて触れた。

するとマツコは
「家が変わらなかったら意味ないじゃん」
「『どこいっちゃったの?』っていうくらい、
跡形もなく一瞬でいなくなるくらいの
立ち去りかたをするべきだと思う」
と、切迫したいじめへの危機感と対応についての見解を示した。
                        (引用「トピックニュース」)
[関連商品]

いじめゼロを目指して 「いじめ防止授業」生徒5000人の現場から[ 栗岡まゆみ ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マツコは自身、いじめられて
不登校だった時期があるんですよね。
その人の言う言葉だけに、説得力があります。
ただ、逃げるのって意外と難しいんですよね。
だって、もう精神的に追い詰められて、
「逃げればいいんだ」ってことに気づかないわけだから。
やっぱり周囲が気づいてあげるしかないのかな?
あと若林さんの疑問についてネットで調べたところ、
学区制度があっても対応してくれる学校はあるとのこと。
それに普通の都会なら、
会社の通勤圏内の引越し先くらい見つかりそうです。
ただ、イジメられている子どもは、
親に隠そうとしますからね。
そこを見抜けるかどうかが不安です。
あと、この報道を見た親御さんたち、
特にイジメでわが子を亡くした親御さんたちが、
傷つかないことを願ってやみません。
だって、親御さんは自分を責めているでしょうから。
関連記事

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : マツコ・デラックス いじめ 逃げちゃえばいい 5時に夢中! いじめ対策 野々村直通 切迫した状況 不登校だった 引越しして学校を変える いじめを回避するための提言

能年玲奈、どん底から這い上がる!意味深すぎるCMが話題!

朝ドラ「あまちゃん」で大ブレイクしながら、
なぜか、その後の活躍が聞こえてこない能年玲奈(22)。
メディアでは事務所との対立から、
“飼い殺し”状態だとも伝えられているが、
その状況を知っているのかどうか、
とにかく、新しいCMが意味深長すぎると
ネットで話題になっている。
そのCMは、かんぽ生命のウェブ限定企業CM
「人生は、夢だらけ?」。
26日、YouTube上に公開されたのは、
その“前編”の動画で、
かんぽはトラブル以前から契約している企業だが、
とにかく内容が現在の能年に、
ぴったりすぎるのだ。

[関連商品]

【DVD】海月姫 [ 能年玲奈 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

同動画は、新垣結衣が出演する
「GMOクリック証券」のCMをはじめ、
メッセージ性の強いCMを多数手掛ける
クリエイター・志伯健太郎氏と、
きゃりーぱみゅぱみゅが出演する「an」のCMなどを手掛ける
児玉裕一氏がタッグを組んだ7分45分にわたる映像作品。

「人生、傷つくときもある。
人生、泣きたいときもある。本当でした」
と嘆く主人公(能年)に、謎の男(滝藤賢一)が
“人生の谷”から抜け出す方法を説く内容で、
「人生は一度きり。他人の人生を歩いている暇はない」
「動かないせいで、つまらない人生になってしまう」
といった男の言葉に、
主人公は
「でも私、優柔不断だから……」
と躊躇しながらも、次第に前向きに動き出す……。

能年が“長めの”演技をみせるのは、
昨年公開された映画『海月姫』以来。
久しぶりの演技に、ネット上では
「キラキラ感がハンパない」
「やっぱり、能年の演技は最高」
などと賛辞が相次いでいる。

能年といえば4月下旬、
所属するレプロエンタテインメントに無断で、
“生ゴミ先生”こと滝沢充子氏とともに
個人事務所を設立していたことが発覚。
さらに、滝沢氏やその弟子仲間たちと
共同生活を送っていることなどが伝えられ、
洗脳騒動へと発展。
能年は現在、トラブル以前から決まっている仕事を
淡々とこなす日々を送っており、
レプロとの契約が切れる来年6月まで、
現状が続くともいわれている。

「動画の中には、『私に欠けているのは海なのだ!』と、
海を舞台にした『あまちゃん』(NHK)を彷彿とさせるセリフも。
今回、能年に演技の機会を与えたことも含めて、
この動画は能年自身に送られたエールと解釈できる。
しかし、能年が滝沢氏に心酔している限り、
新規の仕事を入れるのは難しいというのが実状。
実際、今年主演を務めるはずだった連ドラも、
『ドタキャンの可能性がある』との事務所の判断により、
白紙にせざるを得なかったといわれている。
今回の動画から、レプロ側の
『本当は能年にたくさん仕事をさせたい』
という本音が伝わってくるようです」(芸能記者)

今月迎えた22歳の誕生日も、
滝沢氏の弟子仲間たちから祝ってもらっていたといわれる能年。
動画の主人公同様、
どん底から這い上がる糸口を見つけることはできるだろうか?
                         (引用「日刊サイゾー」)
[関連商品]

あまちゃん 完全版 DVD-BOX 3<完> [ 能年玲奈 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

能年が「仕事しない」状態なのは、
「あまちゃん」終了直後からで、
ファンから不満の声があがっていました。
それが事務所の方針だったのか、
はたまた“洗脳”によるものだったのか、
真相は当事者にしかわかりませんが、
有村架純らの活躍をみるにつけ、
もったいないとの思いが募ります。
そのときどきでしか、演じられない役もあるでしょうし、
何より「望まれなければ」演じる機会もありません。
望まれているうちが花なのに・・・・・・。
早く解決して欲しいものです。
関連記事

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 能年玲奈 かんぽ生命 ウェブ限定 CM 人生は、夢だらけ? 志伯健太郎 児玉裕一 滝藤賢一 ネットで話題 人生の谷

ブログ内検索
Like!
カテゴリ
ad space
人気ページランキング
ブログパーツ
おすすめ商品
お気に入り
オススメ情報
いいね!
最新記事
adad2