田中聖、5人組バンド結成!音楽活動本格化へ!

ジャニーズのグループ・KAT-TUNから、
事務所設立以来初の「解雇」をされた田中聖(28)が
新たな活動を開始した。
10月1日づけで5人組バンド「INKT(インク)」を結成。
公式HPや公式ブログも開始し、
YouTubeではデビュー曲のショートヴァージョンも公開されている。
ジャニーズとしての最後の仕事は俳優だったが、
これからは音楽活動を中心にしていくのだろうか?

[関連商品]

【中古】生写真/KAT-TUN 田中聖
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト内に開設されたブログでは
「INKT始動! 」と題したエントリーで、
「本日10月1日より5ピースバンド『INKT』を始動します」と報告。
「この5人でしか出来ない音を作り、
届けたいという思いからこのバンドを結成しました。
皆様よろしくお願いします」と呼びかけている。

メンバーはボーカルとなる田中のほか、
ギター・Kei、キーボードのkissy、ベースのmACKAz、
ドラムのSASSYから構成。
YouTubeの公式チャンネルでは
「Trigger」(short ver.)のミュージックビデオも公開されており、
久々の歌声も披露している。
                          (引用「オリコンスタイル」)
[関連商品]

DVD/サンブンノイチ/藤原竜也、田中聖、小杉竜一
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

田中聖公式ツイッター/@koki1105t
INKT公式HP/https://inkt.asia/pc/
INKT公式ブログ/http://ameblo.jp/inkt122/
「Trigger」(short ver.)/http://youtu.be/mjp0JICMQMY

YouTubeのコメント欄では、
さっそくアンチから「ワンオケまんま」とか
悪口がかかれてますが、
英語での応援コメントもあるので、
少なくとも日本以外にもファンがいるのは確かなよう。
とはいえ、バンドが売れるのはたいへんな時代。
そもそも「Trigger」という曲、
発売されるかどうかの言及がないところをみると、
まだレーベルすら決まっていないのかも。
大丈夫なんでしょうか?
何しろ、あのジャニーズ事務所を追放された田中ですから、
やっぱり心配です。
関連記事

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 田中聖 KAT-TUN INKT インク バンド ミュージックビデオ Trigger ホームページ ブログ ツイッター

松本人志、奇病に悩んでいた!一時期、匂いがわからなかった!

30日放送のラジオ番組
「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)で、
千原ジュニアがダウンタウンの松本人志が
一時的に嗅覚を失っていた過去を明かした。
嗅覚障害は意外と多く、
風邪などが原因で起こることもあるとか。
松本は「怖かった」と回想しているが、
匂いが感じられないと食べ物も美味しくなくなり、
日常生活に支障をきたす場面も多いという。

[関連商品]

2014 千原ジュニア40歳LIVE 千原ジュニア×□ [ 千原ジュニア ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この日の番組では、リスナーから寄せられた
「もしこれから一生、
1つの香りしか嗅いではいけない、
と言われたら何の香りを選びますか?」
という質問を紹介した。

千原は、この質問に対して
「彼女なり嫁の匂い」と回答したが、
その理由として松本の過去の体験について語り始めた。

千原によれば、
松本は若い頃に一時的に嗅覚を失ったらしく
「その時、めちゃくちゃ怖かった」のだという。
「正直、(女性と)そういうことになっても、
全然興奮せぇへんかったって。
うわぁ、ホンマやホンマや、コワっと思って」
と、松本の過去について語った。

そして、千原は
「やっぱり、好きな人の匂い。
それせぇへんかったら、俺ちょっと、
それこそずっと好きでおれるかなっていうぐらい
深刻やと思うけど」
と、"好きな人の匂い"の重要性について持論を述べた。

出演者は千原の回答に総じて納得した様子だったが、
おのののかは千原に対し
「でも、今は(彼女や嫁が)いないわけじゃないですか」
と鋭いツッコミを入れ、
出演者からは大きな笑いが起こった。
                      (引用「トピックニュース」)
[関連商品]

松本人志 仕事の流儀 / 松本人志 (ダウンタウン) マツモトヒトシ 【単行本】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「興奮せえへんかった」って、
結局、そういうことしてたんかい!
興奮しないのにどうして出来たのか、
なんて追及はともかくw
「匂いがしないくらい・・・」という油断は禁物です。
なんと3ヶ月以上放っておくと、
治らなくなる可能性もあるとか。
松っちゃんは自然治癒したのでしょうか?
ともかく治ってよかったですね。
関連記事

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 松本人志 千原ジュニア 匂い 秘密 過去 驚き 意外 嗅覚障害 アッパレやってまーす!

桐谷美玲VS山岸舞彩、ダウンタウンvs中山秀征!芸能界共演NGリスト!

共演に際して「両雄並び立たず」と言われるのが、
キャスターや司会者のポジション争いを繰り広げている面々だ。
目下、現在進行形で火花を散らしているのが、
「NEWS ZERO」(日本テレビ系)で
毎週火曜日のキャスターを務める桐谷美玲(24)と
サブキャスターの山岸舞彩(27)。
知性派美女2人のバトルはまさに「メルトダウン」の様相で、
スタジオでは目も合わせない徹底ぶりだ。

[関連商品]

美玲さんの生活。super! [ 桐谷美玲 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「報道番組では先輩に当たる山岸は、
他人のミスが許せないほどプロ意識が高い。
一方の桐谷も、自分のミスを棚に上げて
周囲のミスにネチネチ絡む山岸にうんざりしています。
桐谷の心からの笑顔を見た番組スタッフはいないのでは‥‥」(テレビ誌記者)

やむなくこれまで共演を続けているが、
他の番組での共演は考えられないと、
「NGリスト入り」を果たした。

一時期は東西冷戦を繰り広げていたのが、
西のダウンタウンと東の中山秀征(47)である。

「ダウンタウンは上京の際に、
今田耕司(47)や東野幸治(47)らと“ダウンタウン一派”を結成。
東京で人気司会者の座に君臨していた中山を敵対視していた。
番組でもおもしろくない芸人として
真っ先に中山の名前をあげていたほどで、
中山と今田が深夜番組で共演した時には、
ダウンタウンから『中山を潰せ』という指令が出ていた。
そのため、番組では今田は愛称である『秀ちゃん』ではなく、
『中山君』と呼んでいた」(芸能プロ関係者)

時はたち、2年前の27時間テレビで今田と中山は
「お互い若かった」と和解したことを明かしていたのだが‥‥。

「ダウンタウンと中山の並びは
今のところまだ実現していません」(芸能デスク)

そして極め付きは、関係修復のための共演が、
火に油を注ぐ結果となったケースだ。
中でも語りぐさなのが明石家さんま(59)と長渕剛(58)のケースだ。

話は20年前に遡る。
当時、さんまが司会をするラジオ番組に
長渕がゲスト出演したが、お互いに話がまったくかみ合わず、

「二度と会うことはない!」

と捨てゼリフを吐き合い決裂。
そんな2人が、07年の「さんまのまんま」(フジテレビ系)で
ついに再会を果たした。

ところが、トーク開始から10分を過ぎた頃だった。
見る間に表情が険しくなった長渕が、

「だんだんムカついてきたな。いっぺん、腹割って話しよか」

と切り込むと、さんまも、

「あなた間違ってる。人生」

と切り返す。すると、これに長渕が過敏に反応し、

「明石家さんまに『人生間違ってる』なんて言われたかないよ!」

と再び決別。さんまは、

「はいはい、お互いに」

と返す刀で対話を拒絶し、収録後には、

「もう(長渕は)ええやろ」

と、さんまが吐き捨てたというから‥‥。
                          (引用「アサ芸プラス」)
[関連商品]

DVD/ダウンタウンDX ダウンタウンの前説 VOL.3 2009-2010 上半期
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

明石家さんまと長渕剛は堂々としてるけど、
ダウンタウンの場合はちょっと陰湿w
今田耕司まで使うなんて・・・・・
ま、それだけ大阪から東京へ進出というのは
たいへんだということでしょうけど。
ただ、中山は芸人とは思わないし、
面白いとも思ったことがないので、
ダウンタウンが敵視する気持ちがわかりません。
なんでだろ?
何かあったのか勘ぐりたくなりますね。
関連記事

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : ダウンタウン 中山秀征 桐谷美玲 山岸舞彩 明石家さんま 長渕剛 共演NG 大物司会者 今田耕司

ブログ内検索
Like!
カテゴリ
ad space
人気ページランキング
ブログパーツ
おすすめ商品
最新記事
お気に入り
オススメ情報
いいね!