メリー副社長「なぜ私が悪者に?」!副社長として当然の対応だった?!

SMAPの裏切り者にされてしまったキムタクと
ハワイで合流していたと報道された
ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長と
その娘、藤島ジュリー景子副社長。
特にネットでのメリー副社長への風当りは激しい。
しかし当人は心当たりがなく、
首をかしげているという。

[関連商品]

素顔のSMAP [ スマップ研究会(晋遊舎) ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年1月の独立騒動で
ひとり残留の意向を示していた木村拓哉が、
遅くとも10日までにはハワイ入り。
妻の工藤静香、2人の娘とともに
休暇を過ごしていた中で合流したというが、
このさなかでの解散発表は
副社長の親子がマスコミの目から逃げるためだった
とする見方も強い。

「ジュリーさんは母親の指示に従っての渡航だったらしいですが、
メリーさんは『1月みたいなのは二度とイヤ』
と何度も言っていたらしいですから、
一連のバッシングがトラウマみたいになっているようです」

こう話したのは、長年ジャニーズを取材している芸能記者。
聞けば今年1月に表面化したSMAP独立騒動で、
事務所の最高権力者、
メリー副社長へのバッシングが殺到したことで、
今回は事前に“逃げ道”を作っていたというのだ。

1月の騒動は、メリー副社長が
“SMAP育ての親”飯島三智チーフマネジャーに対して
「対立するのなら出て行ってもらう」
という発言をして、その力を誇示したことが発端だった。
独立の失敗は木村ひとりが土壇場で
ジャニーズ残留に翻ったことが原因だったが、
残った中居正広ら造反組が
テレビ番組内で生謝罪させられる
屈辱の“公開処刑”もあったことから、
世間からはすべてが
「メリー副社長の采配」に見え、
まるで社内イジメだと批判が集まっていた。

「今回の解散発表では、
わざわざメンバー間の意思統一ができていない様子を
プレスリリースして、
事務所に責任はないことを強調していたでしょ。
こんなの、メリーさん以外に指示できる人はいませんよ。
ただ、それはSMAPファンも察知していて、
『またメンバーを悪者にしている』
と見てしまっている人も多いので、
逆効果だったようにも思います」(前出記者)

実際、Twitterなどでは、
メリー副社長への痛烈な批判も目立っている。

「メリーの暴走さえなければ、
今頃25周年の準備をしていたはずです」
「解散の原因は、
メリー喜多川副社長の、
飯島マネージャーへのパワハラ」
「メリーは、マネージャーを追い出しただけじゃ、
気が済まなかった」

ただ、前出記者によると、
「さすがにここまでの声にはメリーさん自身、
『なぜ私が悪者になるのかわからない』
という感じだと聞いている」だそうだ。

[関連商品]

週刊文春が報じた ジャニーズ女帝メリー喜多川 怒りの独白5時間【文春e-Books】【電子書籍】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ジャニーズの古参幹部に聞いたところ、
メリーさんは自分に対しバッシングを行っているファンについて、
『間違った情報に踊らされている』
というふうに思っているようです。
確かにメリーさんは
日常的な業務の細かいところには携わっておらず、
SMAPメンバーの不仲もよくは知らなかった中で、
飯島さんとSMAPの独立を聞かされ、
会社のトップとして厳しい対応をした
という感じだったんでしょう。
ただ、飯島さんが娘のジュリーさんと
対立してしまっていたので、
そうなると当然、娘の味方をする。
何しろジュリーさんは次期トップなんですから、
彼女を軸にまとまってもらわないと困るわけです。
結局、飯島さんに出て行ってもらったんですが、
その母親役がいないとまとまらないSMAPにも
困惑しているというのが正直なところで、
自ら率先してぶち壊しているというのとは、
ちょっと違う気がしますね」(同)

しかし、SMAPファンからすれば
大好きだったメンバーの不仲は信じたくない話でもあり、
メンバーの一部を悪者扱いした印象のプレスリリースに
不信感が募るのは仕方ないところ。
芸能プロのトップがタレントを支配し、
隷属させているというイメージは覆しがたく、
メリー副社長に怒りの矛先が向かうのも当然の流れだ。

本来、トラブルの責任を負うのは経営者であり、
批判の矢面に立つべきところだが、
もしもそれを理由にハワイに逃げていたというなら、
なおのこと、悪者イメージは避けられないかもしれない。
        (引用「日刊サイゾー/片岡亮」)
[関連商品]

ジャニーズ50年史増補新版 [ ジャニーズ研究会 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すみません、事情はどうあれ、
あの解散報告のプレスリリース、
あの文章は明らかに悪意を感じました。
「メンバー数名が解散を主張」なんて、
あり得ない表現でしょう。
ファンでない一般人から見ても、
それだけで有罪なんですけども。
いまさらバッシングの被害者といわれても、
誰も同情しないと思います。

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : メリー副社長 バッシング 困惑 悪者 わからない 批判 采配 社内イジメ ハワイ滞在 藤島ジュリー景子副社長

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space