タモリ「卓球は暗い」発言を謝罪!さらに驚きの行動に!

25日放送の教養バラエティ番組
「林先生が驚く初耳学」(TBS系)で、
タモリの発言がきっかけで、
卓球界がイメージ一新に乗り出した事実が明らかとなった。

[関連商品]

ピンポン スペシャル・エディション【Blu-ray】 [ 窪塚洋介、中村獅童 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

番組では、リオ五輪の男子卓球・水谷隼が、
「卓球台が青くなったのはタモリさんのせい」と題し、
タモリと卓球界にまつわるエピソードを明かした。
かつての卓球台は濃い緑色をしていたが、
あるときを境に、鮮やかな青に替わったという。

そのきっかけが、タモリの発言である。
ちょうど卓球人口が減っていた時期、
タモリはテレビで「卓球は根暗だ」と発言して、
笑いを取っていたという。

卓球協会はその言葉を気にし、
「根暗」だと思われないようにイメージの一新を図ったそうだ。
カラーボールの開発に伴い、
ユニフォームに白を含むさまざまな色を採用。
卓球台もテレビ映えを意識し、
地味な緑から鮮やかな青に変更したのだとか。
こうした協会の努力が実を結び、
卓球の持つ「根暗」というイメージは徐々に改善し、
やがて水谷ら人気選手を生むほどになった。

なお水谷によると、タモリは一連の発言を謝罪し、
協会に1000万円もの寄付をしたそうだ。
この行為にはスタジオで驚きの声があがった。
タモリの「根暗」発言までは知っていた
林修氏も初耳だと認め、
「そんな最後いい話で終わるんですか!?」
と驚いていた。
                 (トピックニュース)
[関連商品]

少年ラケット(1) [ 掛丸翔 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

タモリの発言は知りませんでしたが、
映画「ピンポン」は面白かった。
ベストセラー漫画が原作ですが、
中村獅童がスキンヘッドの高校生役で、
強烈だったのなんのって、
もう、一度見たら忘れられません。
さて本題ですが、
スポーツに暗いとか明るいとか、
有るのかなぁ。
あんまりピンときません。
ただ、卓球協会の態度には感服しました。
タモリにクレームをつけるのではなく、
自分たちでイメージ改善に取り組む。
その姿勢、いろんな人たちに見習ってもらいたいです。


テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : タモリ 卓球協会 謝罪 暗い 発言 卓球台 深緑 水谷隼

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space