森山直太朗、自殺助長騒動を語る!想像もしてなかった!

1日放送の「王様のブランチ」(TBS系)で、
歌手の森山直太朗が、自身の楽曲
「生きてることが辛いなら」
を巡るエピソードに言及する一幕があった。

[関連商品]

大傑作撰 (初回限定盤 2CD+DVD) [ 森山直太朗 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この日森山は、番組の
「買い物の達人」にゲスト出演した。
この中で、森山のこれまでの活動を振り返り、
番組では2008年に発表した
「生きてることが辛いなら」を話題にあげた。
この曲は
「生きてることが辛いなら いっそ小さく死ねばいい」
の歌詞で始まり、
発表当初、世間では同曲が
「自殺助長」か「励まし」かで
賛否両論となった。

当時について森山は
「僕の中でもまったく想像もしてなかったことだったので
ビックリはした」とまず一言。
そして、
「言葉っていうのは頭ではわかってはいたんですが、
生きているものなんだなってことを痛感しましたね」
と回想したのだった。

なお、この曲は、同年の
「第50回輝く!日本レコード大賞」(TBS系)で
作詩賞を受賞し、
森山にとって思い出深い曲となったことが
ナレーションを通して伝えられていた。
                  (トピックニュース)
[関連商品]

レア・トラックス vol.1 [ 森山直太朗 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この批判騒動そのものが、
首を傾げざるを得ないものでしたよね。
批判している人たちは、
詩の全体をきちんと読まずに、
批判していたと思いますし、
そもそも何が自殺を助長するかなど、
一概に語れるものではありません。
森山直太朗さんは実力のある方ですから、
こんな騒動に煩わされることなく、
これからも良い音楽を作り続けて欲しいです。

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 森山直太朗 自殺助長 生きてることが辛いなら 想像もしていなかった 励まし 賛否両論 言葉 生きている ビックリ 作詩賞

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space