本田圭佑、ビッグマウスで自爆!試合に出てから言え!

セリエA第7節が現地時間2日に行われ、
ミランはサッスオーロにホームで4-3の勝利を収めた。
ベンチ入りしながらも出場のなかった
ミランの日本代表FW本田圭佑は、
チームの勝利を喜びつつ、
キャプテンのMFリッカルド・モントリーボに
ブーイングを浴びせた
イタリアのサッカー文化に対して
疑問を呈するコメントを残している。

[関連商品]

Number9/16臨時増刊号 本田を超えろ。 JAPAN CRISIS (スポーツ・グラフィックナンバー)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今シーズン2度の交代出場にとどまっている本田は、
開幕から7試合連続のベンチスタートとなったこの試合で
出場機会が訪れることはなかった。
だが試合後にはミックスゾーンに立ち止まり、
「チームのことを話したいので」と語ったのちに、
以下のように切り出した。

「今日の試合はミランにとって大きくて、
内容はどうであれ一歩前進する、
もしかしたら今シーズンは
すごくいい結果が出るのではないかというような、
意味のある結果だったんじゃないかなと思います」
と、1-3から逆転したチームの活躍を素直に喜んだ。

ただその一方、ミランが1-3とされた直後に
モントリーボが交代を命じられ、
その際にブーイングが降り注いだ件に言及。
「否定することではない」としながら、
「イタリアにとって、
負けている時に温かくすることは悪なのか、
それがちょっと僕には理解ができない。
ちょっとありえない。
モントリーボにあれだけブーイングして」
とスタンドのファンの態度に疑問を呈し、
「僕に賛同できる少数派のイタリア人が声をあげて
この雰囲気を打破して、
新しいイタリアのサッカーの文化を
作るべきなんじゃないかと話したかった」
と”提言”を行った。
        (フットボールチャンネル)
[関連商品]

ロードダイアモンド KEISUKE HONDA ライトフレグランス
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

同じことを伝えた「夕刊フジ」では、
『イタリアのサポーターは厳しく、
勝っても内容がよくないとブーイングが飛ぶ。』
と解説を加えたうえで、
『地元紙記者は
「試合に出てもいないのに、
サポーターにケンカを売っても何の得もない」
と話していた。』
と結んでいます。
ネットのコメントを見ても
「地元紙記者のおっしゃる通り!」
「今は黙っとけ。スタメン獲れば、通る話やけど」
とフルボッコ状態。
本田の敵は、いろいろな意味で自分自身かも。

tag : 本田圭佑 ミラン チームの勝利 ブーイング イタリアのサッカー文化 疑問 コメント 負けている時に温かくすること 提言 サポーターにケンカを売って

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space