菅野美穂、ヌード写真集を語る!あの頃はやさぐれてた!

女優の菅野美穂(39)が6日、
NHKの情報バラエティー『あさイチ』に生出演。
3日にスタートした同局の連続テレビ小説
『べっぴんさん』の話題や、
かつてヒロインを演じた連続テレビ小説
『走らんか!』(1995年)当時の振り返り、
昨年、夫で俳優の堺雅人との間に誕生した
第1子男子の子育ての様子などを語った。

[関連商品]

美ST(ビスト) 2016年11月号 【表紙】 菅野美穂(雑誌)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『べっぴんさん』で菅野は、
ヒロイン・すみれ(芳根京子)の母・はな役と語りを担当。
大阪放送局で行われた撮影には
子ども連れで参加したといい、
「子どもがぐずって泣いて
移動の新幹線の中で過ごす2時間半が大変でした」。

高校3年生のときに出演した『走らんか!』も
大阪放送局の制作だったが、
当時は菅野自身が「新幹線の中で泣いていた」と語った。
「自分で望んで朝ドラに出演させてもらったのに、つらくて。
周りの同級生は10年先の将来を考えて
受験勉強をしたりしているのに、
私はあしたのせりふを覚えるのに必死でした」。

10代後半から20代前半にかけて、
さまざま葛藤があったといい、
「仕事に恵まれてありがたい気持ちと、
人に見られることがこんなにストレスになるんだ、
ということに改めて気づいて。
本当の自分と役(を通して観られている)自分が、
乖離(かいり)しているなって。
高校生だった頃は、
学校に行けば素の自分に戻ることができたけど、
高校を卒業して戻るところがなくなった
19歳の頃はやさぐれていましたね」。

[関連商品]

菅野美穂 テレホンカード 50度 テレカ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そうした「精神的なネジ曲がり」が
“ヌード写真集騒動”につながったと回想。
「お芝居も仕事も好きなことばっかりだった。
それが、学校もなくなって、
仕事も好きなことばかりではなくなって、あれ?って。
精神的にタフにならなきゃいけないと思って、
(写真集の出版は)ショック療法みたいになってしまった。
人にはおすすめできないけど、
それを経験したおかげで精神的に強くなりましたね。
タフになりすぎちゃった」
と明るく話していた。
                   (オリコンスタイル)
[関連商品]

☆【中古≪写真集≫NUDITY 菅野美穂写真集
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おすすめされても、
フツーの人ではヌード写真集、出せません(笑)。
記事を読んで好感度アップしちゃいました。
とっても真面目な人なんですね。
結婚して母にもなって、
これからもっと素敵な演技を見せてくれそうです。


テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 菅野美穂 ヌード写真集 ショック療法 タフ やさぐれて 19歳の頃 べっぴんさん 泣いていた あさイチ

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space