歌なんて出さなきゃ良かったのに!と思う芸能人ランキング!

芸能人の中には、
本業は俳優やタレントなのに
売れると歌手デビューをする人は多いですよね。
中には大成する人もいますが、
黒歴史として終わってしまう人も……。

そこで今回『VenusTap』では、
男女500名に
「“歌わなければよかったのに……”
とガッカリな、CDを出している男性芸能人は?」
というアンケート調査を実施。

気になる結果をランキング形式でご紹介します。

[関連商品]

(LP)坂上 忍/CHECK【中古】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■「こいつも歌っちゃったか……」
残念な男性芸能人No.1は坂上忍!



1位:坂上忍(11.8%)

2位:DEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)(9.0%)

3位:反町隆史(8.6%)

4位:仲村トオル(8.2%)

同率5位:織田裕二(6.8%)

同率5位:水谷豊(6.8%)

ワースト1には、
毒舌キャラで大ブレイクの「坂上忍」が選ばれました。
3歳の頃から子役として活躍しているのは有名ですが、
1980年代にはアイドル歌手としての活動経歴も。

シングルやアルバムを何枚か出しており、
レギュラーで出演する『バイキング』(フジテレビ系)や
『あのニュースで得する人損する人』(日本テレビ系)では、
自身の曲がたびたび流され、
「やめてくれ!」と赤面する場面も。
本人にとっても黒歴史となっているようです。

坂上忍のアイドル歌手時代の映像は、
YouTubeなどでも見ることができますが、
鑑賞した人々からは
「かっこつけてアイドルばりばりで歌っている姿と
いまの毒舌キャラとのギャップがウケる」、
「見ているこっちまで赤面する」
とのコメントが。
多くの人から「歌わなければよかったのに……」
と思われてしまったようです。

[関連商品]

DEAN FUJIOKA 2016.04→09カレンダー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■2位は新曲がアニメの主題歌に! 
DEAN FUJIOKA


2015年に放送された連続テレビ小説
『あさが来た』(NHK総合)で、
五代友厚役を演じ
一躍スターになった「DEAN FUJIOKA」が2位にランクイン。

俳優だけでなく歌手としても活動しており、
2013年に自身初監督、
そして主演を務めた映画『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』では、
自身が歌う『My Dimension』という曲が
映画主題歌になっています。
この曲では、五代様のイメージとはかけ離れた
ラップを披露していますが……。

「ぶっちゃけ微妙」、
「カラオケにいたらウマいレベルだと思うけれど……。
本物の歌手には到底勝てない」、
「落ち着いた大人のイメージだったのに、
チャラい歌を歌っててガッカリ」
との痛烈な意見が見られました。

そんなDEAN FUJIOKAですが、
10月5日(水)から放送開始のアニメ
『ユーリ!!! on ICE』(テレビ朝日系)では
新曲となる『History Maker』で
オープニングテーマを担当しています。
これもまた「やめときゃいいのに……」
と思われてしまうのでしょうか!?

[関連商品]

ゴールデン☆ベスト 反町隆史 [ 反町隆史 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■3位はGTOの主題歌が大ヒット「反町隆史」

1997年~1998年にかけて『バージンロード』、
『ビーチボーイズ』、『GTO』(すべてフジテレビ系)
といった話題作に出演、
俳優として一時代を築いた反町隆史。

そんな人気絶頂時に歌手デビュー、
自身が主演したドラマ『GTO』の主題歌で、
4枚目のシングルとなった
『POISON ~言いたい事も言えないこんな世の中は~』
はオリコンで週間9位とヒット。

しかし人々からは「音痴だと思う」、
「当時は大ファンだったけれど、
歌を聞いてその下手さに引いた記憶がある」、
「歌手なんかに手を出さないで、
俳優に専念してほしかった……」
と切ない声が。

2001年以降は、
新曲リリースもライブ活動も行われておらず、
歌手活動は休止状態。
果たして歌手活動を再開することはあるのでしょうか。

以上、
「“歌わなければよかったのに……”とガッカリな、
CDを出している男性芸能人ランキング」
をお伝えしました。
過去があるから今がある……とも言います。
ランクインした人々の幅広い活躍を、今後も期待したいですね。
                      (ヴィーナスタップ)
[関連商品]

【中古レコード】仲村トオル/イッツ・オール・ライト[EPレコード 7inch]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ディーン・フジオカの歌、
さっそく聞いてみたんですが、
弁護できない……。
ほかの方々も、
まあ、似たようなものかも。
中村トオルさんなんて、
いまは渋い役者さんになってますが、
デビューがツッパリ役だからなぁ。
人はみんな、若い頃にはバカやるもの、
ということで。


テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : CD 歌わなきゃ良かった 黒歴史 歌手活動 坂上忍 ディーン・フジオカ 反町隆史 仲村トオル 織田裕二 水谷豊

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space