どん底から司会の座を!太川陽介、苦節30年!

「路線バス旅」で再ブレークを果たした
太川陽介(57)が
今度は歌番組の司会に挑戦するというので
話題になっている。
担当するのはBS日テレの
「歌え!昭和のベストテン」(毎週土曜夜9時)。
太川といえば77年から86年まで
「レッツゴーヤング」(NHK)の
司会を務めていたことでも有名。
以来、30年ぶりの司会復活である。

[関連商品]

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE [ 太川陽介 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

思えば、長い道のりだった。
太川が「陽だまりの中で」で
歌手デビューしたのは76年のこと。
翌年、発売した「Lui―Lui」が大ヒットとなり、
その活躍が前出の
「レッツゴーヤング」の司会にもつながった。
しかし、絶頂期もそこまで。
徐々にテレビから姿を消し、
活動の中心を舞台に移していった。
ちなみに、91年から06年まで
約15年間の朝刊スポーツ4紙の全記事を
「太川陽介」で検索してみると、
ヒットするのはわずか62件。

この間、現夫人の藤吉久美子(55)と結婚し、
第1子誕生などのニュースがあったにもかかわらずこの少なさ。
それ以外の記事は他人が主演する舞台の紹介が主で、
「出演は他に太川陽介ら」という表記がほとんどだった。
“低迷期”の真っ最中にインタビューを受けた
スポーツ報知(03年6月)には以下の記載がある。

〈20歳の若さで人気が落ちていくのを感じた。
(中略)30歳を前に仕事がなくなり、
恋人に振られるというどん底も経験したが、
舞台への出演で吹っ切れ、
「そこから気持ちが変わって、やっと自信がついた」という〉

逆に、この間の藤吉の活躍ぶりを見てみると、
99年にスタートした
「温泉へ行こう」(TBS系)が当たり、
シーズンを5まで伸ばしている。
もちろん、他のドラマへの出演も数知れず。
家庭内でも肩身の狭さを感じていたに違いない。

復活ののろしとなったのは07年から始まった
前出の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系)。
漫画家・蛭子能収との軽妙トークが話題の人気番組だが、
そこから歌番組の司会に返り咲くまでさらに9年かかっている。
12月9日にはデビュー40周年記念コンサートも開催する太川。
30年ぶりの陽光はさぞまぶしいことだろう。
                       (日刊ゲンダイDIGITAL)
[関連商品]

ルイルイ仕切り術 [ 太川陽介 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

売れない時期は舞台で、
役者さんとして活動してらしたのですね。
そういえば「相棒」にゲスト出演していたとき、
けっこう上手だなぁと思いました。
たとえ表舞台にたてなくても、
なんだかんだと芸能界で生き残っているのは
やはり稀有なことだと思います。
これからも頑張ってください。

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : どん底 30年 太川陽介 路線バス旅 歌番組の司会 歌え!昭和のベストテン レッツゴーヤング 77年から86年 20歳の若さ 人気が落ちて

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space