不倫発覚?ゆすり目的との声も!「何年前のケータイw」!

「週刊新潮」がスクープをものにした。
文春砲ならぬ新潮砲炸裂といいたいところだが、
なんとなく冴えない。
というのも、ネタに違和感を抱く人が続出しているのだ。
こぶくろ・小渕健太郎の不倫疑惑、
と聞くと確かに大物ではあるのだが…。

[関連商品]

ツマビクウタゴエ〜KOBUKURO songs, acoustic guitar instrumentals〜 [ 小渕健太郎 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年メジャー・デビュー15周年を迎えたコブクロ。
楽曲の作詞・作曲の大半を担当する
小渕(こぶち)健太郎(39)の浮気を、
お相手の女性たちが証言した。

 ***

小渕はグループ結成前の1997年に
中学校の同級生と結婚、男女の双子に恵まれた。
そんな小渕の不実を証言する1人目は、
30代前半のとあるタレントだ。
小渕とは2004年に出会ったが、
交際中、スポーツ紙が報道する直前に、
既婚者であることを明かされたという。

「“ごめん、実は結婚してるんだ”と。
私は交際しているつもりだったんですが……」

2人目は大阪・北新地のホステス嬢(38)で、
09年秋にツアー中の小渕らが来店。
朝5時まで飲み明かした後、
メール(写真掲載)が来たという。

小渕が送ったメール
小渕健太郎by週刊新潮
※画像はデイリー新潮より

「その日のライブ音源が流れる部屋に行って、
“うなじが好き、見せてよ”とキスをされベッドイン」

だがそれ以降は、梨のつぶてだそうだ。

数々の純愛ソングを生み出してきたコブクロに発覚した、
不実な女性関係。
10月20日発売の「週刊新潮」では、
グループが売れると態度が豹変した
事務所会長の“恫喝”と併せ、記事を掲載する。
             (「週刊新潮」2016年10月27日号)
[関連商品]

コブクロ/ALL SINGLES BEST 2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一人目のタレントさんとやらは、
ちょっと詳細がわからないので、
なんともいえないんですが、
二人目の女性にいたっては、
自業自得でしょ。
深夜に酔った男性の部屋に行って、
自分も許したわけなんだから。
しかも水商売の女性といえば、プロ。
素人の女性よりも男性の扱いには慣れているはず。
お金目当てに10何年も携帯を保存しておいた、
といわれても仕方ないですよね。
いえ、浮気はいけないことなんですけど、
それはご夫婦間の問題であって、
他人がとやかく言うことではないというか。
正直いって、もう飽きたかも。

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : こぶくろ 週刊新潮 小渕健太郎 不倫 スクープ 女性タレント ホステス ベッドイン 純愛ソング 不発

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space