ボブ・ディランをノーベル賞委員が非難!無礼で傲慢!

今年のノーベル文学賞に選ばれた
米シンガー・ソングライターのボブ・ディラン(Bob Dylan)氏(75)が
受賞決定について沈黙を続けていることについて、
同賞の選考委員会である
スウェーデン・アカデミーの一員が21日、
ディラン氏は傲慢(ごうまん)だと非難した。

[関連商品]

ボブ・ディランのグレーテスト・ヒット(初回限定CDのみ) [ ボブ・ディラン ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ディラン氏は、授賞を伝える
スウェーデン・アカデミーからの再三の電話に応じず、
受賞決定に関して公の場でコメントもしていない。

同国のテレビ局SVTによると、
アカデミーの委員を務める
スウェーデン人の著名作家ペル・ワストベルイ氏は
こうしたディラン氏の態度について
「無礼で傲慢だ」と述べた。

ノーベル賞受賞者は例年12月10日に
ストックホルムで行われる授賞式に招待され、
カール16世グスタフ国王からメダルと賞状を授与され、
晩さん会でスピーチを行うことになっている。
                    (AFPBB News)
[関連商品]

ボブ・ディラン自伝 [ ボブ・ディラン ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ノーベル賞選考委員会が怒るのはわかるんだけど、
個人的な希望としては、
ディランには授賞辞退して欲しいなぁ。
実はノーベル賞辞退者は史上6人いるそう。

1973年平和賞、北ベトナムのレ・ドク・ト氏
1964年文学賞、フランスの哲学者サルトル氏
1958年文学賞、旧ソ連の作家パステルナーク氏

以下の3人は、ドイツまたはオーストリアの学者で、
ナチス政権の圧力で受賞できなかったそう。
1939年化学賞のブーテナント氏、
同年医学生理学賞のドーマク氏、
1938年化学賞のクーン氏。

まあディランの好きにすればいいけど、
ペル・ワストベルイ氏という作家のこと調べて、
ちょっとがっかり。
日本では翻訳本は75年に一冊出版されたきり。
アメリカでも似たような状況。
世界的な知名度はボブ・ディランのほうが上だと思う。
だから、どうというわけじゃないけども。

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : ボブ・ディラン 沈黙 ペル・ワストベルイ氏 スウェーデン・アカデミー 傲慢 選考委員会 ノーベル賞 文学賞 電話 コメント

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space