高樹容疑者だけじゃない!実は安倍首相夫人も?!

衝撃を呼んだ元人気女優高樹沙耶容疑者
(本名・益戸育江=53)の大麻所持容疑による逮捕は、
その“余波”が意外なところに及びかねない。
25日、沖縄県石垣島の自宅で
大麻を隠し持っていたとして
厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部(通称マトリ)に
現行犯逮捕された高樹容疑者。
落選した7月の参院選で
「医療用大麻の合法化」を訴えていただけに
「やっぱり」の声も多いが、
本紙が現役の捜査関係者を直撃すると、
とんでもない情報が飛び出した。
なんと安倍晋三首相(62)の昭恵夫人(54)の言動も
当局は把握しているというのだ――。

[関連商品]

マリファナはなぜ非合法なのか? [ スティーブ・フォックス ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

逮捕容疑は25日午前10時半ごろ、
自宅で乾燥大麻を所持していた疑い。
自宅や愛車、経営しているリゾート施設から
乾燥大麻計数十グラムのほか、
吸引用パイプなどが押収された。
マトリは同居していた
自称会社役員森山繁成容疑者(58)と
無職小見祐貴容疑者(26)も同容疑で現行犯逮捕した。

パイプには使った痕跡があり、
マトリは3人が大麻を使用していたとみて詳しく調べている。
高樹容疑者は
「私の物ではない」と容疑を否認しているが
昨今の活動を見れば、疑われても仕方ないだろう。

2008年に本名で活動し始めた高樹容疑者は
12年までに石垣島に移住し、芸能界を事実上引退。
自然エネルギーの力を生かして暮らす
「ナチュラリスト」を自称し、宿泊施設を経営していた。

主張はズバリ「医療用大麻の合法化」。
SNSなどでは
「治療に役立ち認知症予防なども期待できる」
「アンチエイジングにもよい」などとつづり、
新党改革から東京選挙区に出馬した参院選でも
同様に訴えて落選したのは記憶に新しい。

芸能プロ関係者は
「本人の大麻に対する考えはいたって真剣。
『良いことが多いのになんでいけないの?』
という感じでした。
ただ、ここまで公然と大麻のメリットを強調していたから、
逮捕されても“やっぱり”としか思えません」
と語る。

ただ気になるのは「なぜ今逮捕なのか?」という点。
実はこれには当局の“隠れた意図”があるという。
現役捜査関係者が絶対匿名を条件に本紙にこう証言した。

「理由は大きく2つあります。
1つは、薬物中毒者の大麻への回帰傾向があること。
合法ドラッグが禁止されましたよね? 
そこで彼らは他の薬物に流れているんですが、
大麻は覚醒剤やコカインなどと比べると
流通していて手に入りやすい。
なので、今大麻の逮捕者が非常に増えているんですよ。
それを取り締まる目的がある」

続く2つ目の理由が重要だ。

「昨今、大麻解放論者がメディアに登場する機会が
やたら増えていることを我々は問題視しているんです。
中毒性のあるものを、
安易に認めさせようという機運に危機感がある」(同)

[関連商品]

マリファナも銃もバカもOKの国 [ 町山智浩 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当局が本腰を入れるきっかけになった事件がある。
それが7月、神奈川県相模原市の障害者支援施設で
19人が死亡、26人が重軽傷を負った大量殺傷事件だ。
逮捕された植松聖容疑者(26)から
大麻の陽性反応が出た。
これを当局は重く受け止めたという。

「大麻が直接事件の引き金になったとは言いませんが、
何らかの遠因になった可能性は否定できません。
今月、町おこしのため鳥取で産業用大麻を栽培していた
大麻加工販売会社の取締役が逮捕されたのも、その一環ですね」

そう語る同関係者は、最後に衝撃的な名前を挙げた。

「大麻解放論者のリストの中には、
実は安倍昭恵さんの名前もあります。
昭恵さんの活動状況、
メディアでの発言はすべて把握しています」

昭恵夫人といえば、
伝統としての大麻文化の普及を訴えていることで知られる。
前出の鳥取で逮捕された会社取締役の
上野俊彦容疑者(37)を支援していた。
上野容疑者は鳥取県の許可を得て栽培していたが、
それとは異なる大麻を所持、譲渡した疑いがある。

[関連商品]

大麻と古代日本の神々 [ 山口博 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昭恵夫人の知人や高樹容疑者のような
著名人の事件の“余波”で、
あらぬ注意の目を向けられれば、
安倍政権へのダメージも生じかねない。

「昭恵さんは“天然”というか、
自由人なんですよ。
これまでも深夜に布袋寅泰を呼び出して
首にキスしたと報じられ、
反基地運動の三宅洋平氏と仲良くなった揚げ句、
突然首相に電話して
三宅氏と話させたりとやりたい放題。
首相周辺も本当は困っているんですが、
安倍さんはベタほれですから
何も言えません」(永田町関係者)

自民党総裁の任期延長が濃厚で
さらなる長期政権も可能になりそうな安倍首相だが、
最愛の妻が“アキレス腱”にならなければいいが…。
                    (東スポ)
[関連商品]

安倍昭恵の日本のおいしいものを届けたい! [ 安倍昭恵 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

伝統文化を守るのは大切ですけど、
悪用する人たちがいますからねえ。
日本で栽培されていたのは、
あくまで繊維用や油などを絞るため、
それに薬味、医療用ですから。
あと、現在の産業用大麻は、
きちんと品種改良されている毒性の少ないものです。
また栽培方法も嗜好品とは異なるので、
許可を受けた方々が栽培している大麻は、
吸ってもハイにはならないそうです。
また「医療用大麻」という種類はなく、
単に、麻薬としてのマリファナを
がん患者などに痛み止めとして使用すること
を指しているので誤解なきよう。

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 高樹容疑者逮捕 裏事情 昭恵夫人 狙い 大麻解放論者 相模原市 大量殺傷事件 大麻の陽性反応 薬物中毒者 隠れた意図

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space