三浦九段、93%の一致率!「一億%真っ黒」も納得!

週刊新潮10月27日号が特集で
三浦弘行九段の疑惑を検証している。
特集タイトルは
「次の一手をコンピューターに頼った? 
『三浦弘行』九段と93%一致した問題ソフト」。
将棋界のトップクラスに君臨する三浦九段(42)が
真剣勝負の最中、
こっそり将棋ソフトに頼るなんてことは
にわかには信じられない。
だが、日本将棋連盟の幹部によれば、
三浦九段が使っていたと見られる将棋ソフト
「技巧」で確認してみると、
終盤における棋譜と93%の一致率を見せたという。

[関連商品]

将棋レボリューション 激指14
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そもそも、将棋界に大きな波紋を生じさせた
将棋ソフトなるものは、いつから世の中に出てきたのか。

世界初の将棋ソフトは1975年、
のちにコンピュータ将棋協会会長となる、
早稲田大学の瀧澤武信教授を
メインプログラマーとしたチームによって開発された。
とはいえ、将棋好きの小学生相手にさえ、
手も足も出ない有り様だった。

しかし、将棋ソフトはそれ以降、
急激な進歩を続けているという。
検証してみると…


■三浦九段の“疑惑”時期と一致

公立はこだて未来大学複雑系知能学科の
松原仁教授が解説する。

「将棋ソフトがこれほど進歩したのは“機械学習”、
すなわち、膨大な棋譜を読み込み、
そこに潜むパターンをプログラム自身が見つけて、
将来を予測する機能を身に付けたからです」

その結果、2013年の将棋電王戦では、
5人のプロ棋士が5つの将棋ソフトと対戦し、
1勝3敗1分けで完敗を喫した。
そのとき、5人目の“大将”として登場したのが三浦九段で、
東大の研究チームが開発した
「GPS将棋」というソフトに屈している。
三浦九段は22歳のとき、
羽生善治王座を棋聖戦で撃破した経験を持ち、
当時からトップ10人の棋士しか属せないA級だったため、
その敗北は衝撃的だった。

「現在、最強の将棋ソフトと言われているのが、
東大将棋部に在籍中の学生が開発を始めた
『ポナンザ』です。
今年のゴールデンウイークに開催された、
将棋ソフト同士が対戦する
『世界コンピュータ将棋選手権』では、
『ポナンザ』が1位に輝き、
2位だったのが今回問題になっている『技巧』です。
その大会の2次予選リーグで、
『技巧』は『ポナンザ』を破っていることから、
同等の強さを持つと言われています」(同)

「技巧」の開発者は、
東大ロースクール出身という
異色の経歴を持つプログラマーだという。

そして、「技巧」は今年の5月末に、
一般向けにもフリーソフトでネット上に公開され、
さらに、7月初めからは、
アンドロイド用スマホのアプリとして
ダウンロードできるようにもなった。

つまり、三浦九段がスマホでの
将棋ソフト不正使用を疑われるようになった時期と重なるのである。

[関連商品]

人工知能は人間を超えるか【電子書籍】[ 松尾 豊 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■3800から4000のレイティング

それにしても、プロ棋士がふと魔が差してしまうほど、
「技巧」の強さは魅力的なのだろうか。

「将棋の強さを測る指標に、
チェスと同じく“レイティング”というものがあります」

と語るのは、将棋ジャーナリストである。

「連盟の公式サイトである『将棋倶楽部24』では、
将棋ソフトやプロ棋士、
アマチュア棋士らがネット上で対戦した結果に基づき、
“レイティング”を弾き出している。
昨年の12月、『ポナンザ』は、
3455という数値を記録しました。
将棋ソフトは“機械学習”し、日々進化し続けるため、
現在は3800から4000という数値に達すると推測されている。
『技巧』も、同レベルだと見られています」

一方、生身の人間についてはどうか。

「『将棋倶楽部24』は、
匿名で参加するため、
素性はわからないものの、
12年の12月に記録された3312が最高値です。
トップレベルのA級棋士でも3000程度で、
職場や学校では負けなしの初段レベルで約1600。
だいたい600以上の差がつくと、
相手に勝つのは奇跡と言われています」(同)

三浦九段が誘惑に駆られるほどに
将棋ソフトは強力だったのである。

[関連商品]

週刊新潮 2016年 11/3号 [雑誌]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■実際に検証してみると…

そこで、本誌(「週刊新潮」)は、
三浦九段の疑いを持たれた棋譜と
『技巧』の指し手がどれくらい一致するのか確かめるため、
「技巧」をダウンロードし、検証してみることにした。

その結果は、驚くべきことにと言うべきか、
予想通りと言うべきか……。

まずは、疑惑の発火点となった7月26日の久保九段との一戦。
対局の最後の3分の1にあたる“終盤”に限ってチェックしてみると、
三浦九段の指した手と「技巧」との違いはわずか1手のみで、
その一致率は93・3%。
ちなみに、相手の久保九段の一致率も確認してみたら、
60・0%だった。

さらに、7月11日の対戦でも、
三浦九段の一致率は92・8%と非常に高いもので、
相手の郷田王将は53・3%に過ぎなかった。

検証の結果、三浦九段以外の棋士では、
60%前後の域を出ることはなかった。

いかに三浦九段の数字が突出しているかが
分かろうかというもの。

確かにこれでは、棋士仲間から
疑いの目を向けられても仕方がない。
                 (「週刊新潮」2016年10月27日号)
[関連商品]

勝てる将棋の考え方 新・イメージと読みの将棋観 [ 渡辺 明 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ありゃりゃりゃ、これは痛い。
とはいえ、ほかのプロ棋士の
将棋ソフトとの一致率が60%前後というのが、
とっても驚きました。
それって良いことなのか、
悪いことなのかわからないけど。
だけどAIと人間が競うことが、
なんか間違ってる気がします。

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 三浦弘行九段 週刊新潮 一致率 指し手 棋譜 将棋ソフト 将棋電王戦 ポナンザ 技巧 将棋の強さ

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space