「ハウルの城」クビになった細田監督!挫折は失敗じゃない!

人気アニメーション作家・細田守監督が27日、
TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた
第29回東京国際映画祭内の特集上映
「映画監督 細田守の世界 
作家性の萌芽 1999-2003 (細田守監督短編集)」に来場し、
『ハウルの動く城』(2004)の苦い挫折を振り返った。

[関連商品]

時をかける少女 [ 仲里依紗 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アニメファンのみならず、
映画ファンにもその名前を知らしめた出世作
『時をかける少女』(2006)より前に、
細田監督が発表した作品を集めた本特集。
『劇場版デジモンアドベンチャー』(1999)、
『劇場版デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』(2000)、
テレビアニメ「おジャ魔女どれみドッカ~ン!」40話
「どれみと魔女をやめた魔女」(2002)、
テレビアニメ「明日のナージャ」(OP、ED)(2003)などが
スクリーンで上映された。
客席には幼い頃に
「デジモン」や「おジャ魔女どれみ」などを
リアルタイムで観ていたという観客もチラホラ。
それには細田監督も
「ありがとうね。
同窓会みたいな気分で、おじさんうれしいよ」
と感激しきり。
会場は温かな雰囲気に包まれた。

[関連商品]

おジャ魔女どれみ Blu-ray BOX
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後に上映されたのは
「おジャ魔女どれみドッカ~ン!」40話。
自分の進路を見失った魔女見習いのどれみが、
年をとらない元魔女の未来(声:原田知世)と交流を深め、
「外国に一緒に行かないか?」
と誘われるエピソードで、
同作を観たという丸山正雄プロデューサー
(当時、マッドハウス取締役社長)との出会いが、
やがて『時をかける少女』につながったという
記念碑的な作品である。

この日の聞き手を務めたアニメ評論家・氷川竜介氏からの
「チャンスがあったら飛び移れ、
というのは自身を投影しているのでは?」という指摘に、
「僕はどちらかというと。飛び移り損ねた方。
当時は『ハウルの動く城』の監督をクビになって、
もう映画が作れないという気持ちのままに、
この40話になだれこんだんです」
と告白した細田監督。
「人生のチャンスがふいに訪れるとして、
その瞬間にどちらかを選択しないといけない。
でもその瞬間はいつ来るかわからない。
通り過ぎた時に初めてチャンスを見送った気分になるんです。
そういう時って、
わななくとか怒るとかじゃなくて、
ただボーッとしてしまう。
でもそれは失敗じゃなくて、
それも人生の味わい方の一つじゃないか。
そんなつもりで、どれみの顔を描いた気がします」
と述懐。

さらに
「飛び移ることができなかった自分のもの悲しさが、
作品にも漂っていたのでしょうか。
でも、それを丸山さんが観て、
『時をかける少女』につながるんだから
世の中ってわからないものだと思います」
としみじみ付け加えた。
              (シネマトゥデイ/壬生智裕)
[関連商品]

サマーウォーズ【Blu-ray】 [ 神木隆之介 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ううう、つい誤解しちゃいますけど、
成功者が語るのが「成功談」。
同じことしても、
失敗した人には誰もインタビューしないので、
言葉が残らないのです。
でも細田監督が「ハウル」で成功していたら、
ジブリの色に染まってしまっていたかもしれないので、
やっぱり良かったのかな?


テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 細田守監督 ハウルの動く城 挫折 第29回東京国際映画祭 時をかける少女 デジモンアドベンチャー おジャ魔女どれみ 人生の味わい方 失敗

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space