新作「デスノート」評価まっぷたつ!バカどうしの頭脳戦?!

漫画『DEATH NOTE』(原作:大場つぐみ、漫画:小畑健)を
原作にした実写映画の続編
『デスノートLight up the NEW world』が
10月29日に公開されましたが、
その内容についてネット上で
「面白い」「面白くない」
双方の意見があがり話題となっています。

[関連商品]

デスノート Light up the NEW world オリジナル・サウンドトラック (豪華盤) [ やまだ豊 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回公開された作品は2006年に映画2部作、
2008年にスピンオフが公開され大ヒットとなった
人気シリーズの10年後を描いた続編。
オリジナルストーリーで展開されています。
そのため原作ファンは勿論のこと、
前作映画ファン、
さらに今回はメインキャストに東出昌大、池松壮亮、菅田将暉と
人気俳優が出演するとあり
公開前から大いに注目が集まっていました。
そして10月29日に待望の公開。
一部報道によると公開2日の動員ランキングで1位を獲得し、
9週連続1位を記録していたアニメ映画
『君の名は。』の10週連続1位を阻止したそうです。

成績は好調な滑り出しをみせていますが、
今ネットで注目されている意見が
「登場人物が全員バカ」という意見。
他にも
「バカ同士の心理戦」
「バカの頭脳戦」
などかなりの酷評。
対し、面白い派の人たちからは
「最高!おすすめ」
「展開がおもしろい」
「もっかいみたい」
という好印象の意見が多数あがっています。

またこの双方の意見を客観視する声もあり
「バカ同士の心理戦は逆にみたい」
「本当にバカなら全員デスノート拾った途端
自分の名前書いて終わりだろう」
「バカなら英語よめないんじゃ……」
などの声から、
「バカと酷評するのはアニメアイコン、
おもしろい派の人はプリクラとか写真アイコン」
「酷評するのは原作ファン、
おもしろいという人は俳優ファン」
「酷評するのは前作見た人、
おもしろい派は前を知らない若い人」
と分析する人まで様々。

[関連商品]

DVD【DEATH NOTE  デスノート[スペシャルプライス版]】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみに酷評している人には確かに
アニメや漫画アイコンの人が多めですが、
写真アイコンでも酷評している人はしていました。
そしていずれの人にも共通するのは
「原作を知っている(原作と比べている)」ということ。
また、前作実写映画については
高く評価している人の多い印象があり、
「実写だから」を理由に
頭ごなしに酷評しているわけではなさそうです。

人によっては「面白くない」、
人によっては「面白い」と意見のわかれる本作。
原作や前作を知っている、知っていない。
そういう違いもあるのかもしれませんが、
ここまで意見が分かれる作品は
めずらしいのではないでしょうか。
とはいえ、現在において成績は1位と
映画自体は「大ヒット」と言える状態。
これが今後どこまで継続するのか。
それによって最終的な作品の評価が下されることになるでしょう。
                 (おたくま経済新聞)
[関連商品]

DEATH NOTE デスノート the Last name(スペシャルプライス版)【Blu-ray】 [ 藤原竜也 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は映画オリジナルだから、
登場人物がバカだろうが、
脚本がひどかろうが、
とりあえず炎上はしてない、と。
最近の日本のドラマや映画、
こういうの、多いですねえ。
サスペンスや推理なのに、
まるで主人公がアホというの。
「それくらい常識だろ!」
と思わずツッコミたくなるような
愚かな行動をするもので、
つまらなくて見るに耐えないケース、
けっこうあります。
あれは何故なんでしょう。
脚本かも監督もプロデューサーも、
常識のある人間のはずなのに。

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : デスノートLight up the NEW world 新作 映画 ネットで話題 バカの頭脳戦 バカ同士の心理戦

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space