プロの漫画家の“持ち込み論”に反響!編集者は神ではない!

現役漫画家・緒方ていが、
漫画原稿の持ち込みで酷評されても
凹む必要はないとTwitter上で語り
「全くもって同意見です!」
「編集者によっても言うこと違いますもんね」
と話題になっている。

[関連商品]

1年間で漫画家になる! 基礎編(基礎編) 【中古】afb
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

緒方は自身のTwitterで、
「よくいるのが持ち込みに行って
酷評されて凹んで帰ってくる人。
編集者は絶対神ではない。
ダメだと言った新人が大成したりその逆もある。
私も某社で酷評された原稿を
ダメ元で当時のスーパージャンプに持ち込んだら
その原稿が受賞&デビューを果たした。
そんなもんすよ」とツイートし、
いかに編集者によって意見が変わるかを主張した。

この緒方の発言に対して
「やっぱり何社も持ち込んで
カラーに合うところに使ってもらえるのがいい」
「同じ原稿でも『〇ページいいですね!』
『〇ページだめです』
と両極端なこと言われたことある」など、
漫画を書く人たちから多くの反響が寄せられ、
「一人の編集者に酷評されたからといって
凹む必要はありません。
その編集者の目は節穴かもしれませんし、
たまたま相性が悪いタイプだったのかもしれない」
と、マンガ編集者も緒方と同意見をコメントしている。

最近では「少年ジャンプ+」にて
漫画専門学校が舞台の
『ラフダイヤモンド まんが学校にようこそ』
を連載していた緒方。
主人公はプロの漫画家という
緒方本人と被る部分もあり、
内容も、漫画を描き始めた人が
よくやってしまう盲点や失敗を上手くフォローしている。
漫画を描くための基礎から応用まで学べる、
漫画家を目指す者に向けた、
一種の指南書のような内容だ。

自身もプロの漫画家であり、
身近で多くの漫画家を目指す者を見ている
緒方の言葉だからこそ、
「持ち込みで酷評されても凹む必要はない」
という愛情溢れる発言は、
プロの漫画家になるために
日々奮闘している者の胸に響くことだろう。
             (ダ・ヴィンチ・ニュース)
[関連商品]

ラフダイヤモンド まんが学校にようこそ 1【電子書籍】[ 緒方てい ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うわ、これは難しい問題だなぁ。
確かに編集者は絶対神ではないんだけど、
漫画でも小説でも、
持ち込みする人のなかには、
素人同然という人もいるんですよ、
いや、ホントに。
読むのが苦痛なくらいに下手という。
そういう人に、
下手に自信なんか持たれても、困るかも。
いや、ヘタウマという世界もあるから、
それでもいいのかな?
うう、わかりません。

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : ネットで話題 ツイッター 緒方てい 漫画家 漫画原稿 持ち込み 編集者 絶対神 大成 新人

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space