キムタク、掌返し!積極的に雑誌露出でイメージ回復図る!

一連のSMAP騒動で
裏切り者とされた木村拓哉。
イメージダウンは目を覆うばかりで、
「抱かれたい男」ナンバー1から
「嫌いな男」ナンバー1に転落した。
それを本人も自覚しているようで、
雑誌の取材をこれまでにないほど受けていることを、
発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。

[関連商品]

若者のすべて DVD-BOX Special Edition [ 萩原聖人、木村拓哉 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

同誌によると、来年1月発売予定の
女性誌「FRaU」(講談社)に
木村のインタビューが掲載予定。
同社の写真誌「フライデー」が16年前、
木村と妻の工藤静香の種子島の婚前旅行を報じた際、
当時、チーフマネージャーをつとめていた飯島氏が激怒。
そのため、木村はこれまで
同社の雑誌の取材を頑なに拒んできたという。

同社以外の雑誌の企画も進行中で、
趣味がサーフィンの木村は
季刊のサーフ雑誌「NALU」(エイ出版社)にも登場予定。
毎回、木村が著名なサーファーの元を訪ね、
共に波に乗り、語り合う企画を連載するというのだ。

「SMAPの分裂・解散騒動の際、
いち早く事務所側についたダメージは深刻。
CM契約は何社か残っているが、
テレビではほとんど放送されなくなってしまった。
そのため、イメージアップ戦略で
なりふり構ってはいられなくなり、
これまであまり積極的ではなかった
雑誌への露出を増やしてきた」(芸能記者)

[関連商品]

CHANGE (チェンジ)1〜5(全巻セットDVD) [木村拓哉]/中古DVD[邦画TVドラマ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

解散発表前の7月20日発売の
「SWITCH 8月号」(スイッチ・パブリッシング)には
ロングインタビューが掲載された。
しかし、「木村拓哉 アウトローへの道」
というかなり違和感のあるタイトルの特集記事。
木村は10代のころの自分を振り返り、
「アンチアイドルだったし、
アンチジャニーズだった」と総括。
また、
「僕は“仕事”はするけど
“ビジネスライク”が嫌いなんです。
『この人だから』という信頼が、
自分にとっては何よりも大きい」
と発言したため、
分裂・解散騒動の際に
元チーフマネージャーの飯島氏を裏切った行為が
発言と矛盾するとして、
ネット上でSMAPファンから
バッシングを浴びてしまった。

イメージアップのための露出が
逆効果にならないことを祈るばかりだ。
                   (リアルライブ)
[関連商品]

SWITCH(34-8)木村拓哉アウトローへの道
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ううむ、どうなんでしょうか。
キムタクが雑誌に登場して、
イメージアップにつながるのかなぁ。
これまでの言動を考えると、
大した効果は見込めないような。
もともと「問答無用にカッコイイこと」を前提に
カッコイイ男の生き方、
みたいなものを体現していた人ですから。
いまさら何をいっても説得力に欠けるのでは?
まあ、別にかまいませんけども。

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 木村拓哉 イメージ回復 イメージアップ戦略 フライデー FRaU インタビュー 雑誌への露出 アウトローへの道 バッシング ビジネスライク

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space