クドカン、2019年大河の脚本!「五輪の50年」をテーマに!

NHK連続テレビ小説『あまちゃん』の
脚本を手掛けた宮藤官九郎が、
同局で2019年に放送される
大河ドラマの脚本を初めて担当することが16日、発表された。
東京オリンピック開催を間近にした2019年ということもあり、
「オリンピック」の歴史を題材に、
宮藤流の“痛快&壮大な大河ドラマ”を制作する。

[関連商品]

東京五輪音頭/三波春夫[CD]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

チーフ・プロデューサーは訓覇圭氏、
演出を担当するチーフ・ディレクターに井上剛氏と
『あまちゃん』(2013)スタッフが集結。
NHK初執筆が朝ドラで、
2作目にして大河を任された宮藤は
「歴史を動かした人物にも、
戦国時代にも幕末にもあまり思い入れがないから、
自分に大河ドラマは無理だろうと思っていました。
しかし、かつては現代劇や
架空の人物を描いた大河もあったそうです」
とコメント。
確かに、1986年の『いのち』(作:橋田壽賀子)が
近現代史を扱っており、33年ぶりとなる。

「『だから大丈夫です、できる題材を探しましょう』
という優しい言葉をいただき、
だんだんその気になり、
考えたのが『東京』と『オリンピック』の物語です。
日本人が初めてオリンピックに出場した
明治の終わりから、
東京にオリンピックがやってきた
1964年までの、およそ50年。
戦争と政治と景気に振り回された人々の群像劇。
歴史に“動かされた”人と町の変遷を
一年かけてじっくり描く予定です。
まあ、こんな大河も、たまにはいいよね、
と大目にみていただけたら幸いです。
がんばります」
と、意気込みを語っている。

[関連商品]

激動 東京五輪1964【電子書籍】[ 大沢在昌ほか ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本のオリンピックは、たった2人の選手から始まった。
まだ“スポーツ”の言葉もない時代、
1912年に初参加した「ストックホルム大会」で、
1人は“外国人恐怖症”、
もう1人は“日射病で失神”し、大惨敗。
そこから持ち前の根性で“スポーツ”を猛勉強。
1936年の「ベルリン大会」では、
水泳の前畑をはじめ金メダルを量産。
一躍スポーツ大国に成長すると、
オリンピックの自国開催を夢見る。

だが、時代は太平洋戦争へと突入、
夢は幻と消えてしまう。
敗戦。
蛙と芋で飢えをしのぎ、執念の競技再開。
ついには、1964年、
「東京オリンピック」実現にこぎつける。
その間52年。
戦争、復興、そして…平和への祈り。
オリンピックの歴史には、知られざる、
日本人の“泣き笑い”の記憶が刻まれている。
1912年の初参加から、
1964年の「オリンピック」開催までの激動の52年間を、
歴史に翻弄されたスポーツマンたちの姿を通して描く
「東京&オリンピック」の物語。
全50回。
                  (オリコンスタイル)
[関連商品]

プロジェクトX 挑戦者たち 料理人たち 炎の東京オリンピック [ DVD ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ううう、時代劇じゃないのかぁ。
残念な気もしますが、
スポットライトが当たることの少ない
日本の近現代史。
学校の歴史の授業でも省かれてしまい、
知らない人が多い時代でもあります。
ドラマで描かれると勉強になるかも。
それにしても“外国人恐怖症”は面白いなぁ。

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 2019年 宮藤官九郎 大河ドラマ 脚本 東京&オリンピック 1964年 1912年 ストックホルム大会 五輪 日本のオリンピック

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space