「home」木山裕策、家庭崩壊していた!大ヒット後の苦悩!

新人発掘バラエティに出場してデビュー。
名曲「home」で
2008年のNHK紅白歌合戦にも出場した
歌手の木山裕策(48)が家庭崩壊を告白した。
サラリーマンを続けながら
週末を中心に歌手活動をしていたが、
有名になるということは、
想像以上にたいへんなことだったそうだ。
18日のTBS「爆報!THE フライデー」で
一部始終を自ら語った。

[関連商品]

WAIT FOR YOU 今の僕に出来る事 [ 木山裕策 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

亀裂の端緒はデビュー1年後。
妻がインターネットで
「木山の妻は出たがり」
「不愉快」などの誹謗中傷を目にしたことだった。
そのころ、木山も何とか新しいヒット曲を、
と苦悩していた時期でもあった。

さらに、兄弟思いだった長男が
中学2年生ごろから荒れ始め、
母と子で取っ組み合いのケンカをしたこともあったという。
実は長男は、同級生から
「home歌えよ」
などとからかわれ、
ひとり悩んでいたこともグレた理由だった。

思い悩んだ木山は
「家族一緒の時間を過ごすため」
に一念発起。

会社をやめて主夫になり、
食事を作って一緒に食べる生活を送るうちに
家族の絆が戻り、
今では木山は食費を稼ぐために再び会社勤め。
長男も改心し、
父と同じ音楽の道を目指していることが紹介された。

スタジオの田原俊彦(55)は、
「1度ああいう風にヒットしちゃうと周りが放っておかない。
腹を据えてやんないと、全てが中途半端になる」
と直言。
爆笑問題の太田光(51)は
「(homeの)次はhouseを出せばいいじゃん」
とオチをつけていた。
                       (スポーツ報知)
[関連商品]

F 守りたい君へ [ 木山裕策 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「home」は色々な人がカバーしてますが、
やっぱり木山さんの歌がイチバン好きです!
テレビで拝見する限り、
優しそうで真面目そうで、
「イイ人」を絵に描いたような人だったのに、
何ともお気の毒です。
というか、ネットに誹謗中傷を書いたヤツ、
いじめた同級生が悪いんだが、
どうにかならないんでしょうか。
とにかく、いまはお幸せのようでよかったです。


テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 木山裕策 home 2008年のNHK紅白歌合戦 家庭崩壊 爆報!THE フライデー 11月18日 有名 ネット 誹謗中傷

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space