たけし、お賽銭100万円!スケールが違う初詣!

昔の芸人や芸能人は、
遊びもお金の使い方も豪快だった…。
そんな話を耳にすることがあるが、
ビートたけしは、まさに最後の昭和の芸人かもしれない。
18日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、
島田洋七が、
ビートたけしのお賽銭の金額を明かしたのだが、
スケールが違うのである。

[関連商品]

下世話の作法【電子書籍】[ ビートたけし ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

番組では「粋で寛容 たけしのマネー哲学」と題し、
日刊大衆の記事を紹介した。
記事では、弟子の借金を肩代わりまでする、
たけしの「お金論」を分析。
そのマネー哲学には母・さきさんの躾や
師匠・深見千三郎氏の
「粋な金の使い方」が影響しているという。

この話題に、スタジオの水道橋博士は、
過去にたけしが初詣に行った際の
豪快なエピソードを話し始める。
いわく
「殿が、100万円を(賽銭箱に)ねじこもうとしてた」
というのだ。

すると、番組司会の島田がこの金額を否定する。
初詣には島田も同行していたそうで、
「(持ってきてたのは)300万。
だけど、賽銭箱に枠があるから入らない」
「『入んないよ!』って言って、
俺が200万だけ預かった」
と説明したのだ。
この話しに出演者からは
「すっごいよね」
「規模が違う」
などと驚きの声があがる。

なお、たけしは翌日島田を呼び出し
「お前、200万盗んだやろ!」
と問い詰めたという。
島田は
「預かったっつってんの!」
「覚えてんねん、酔っ払ってても」
と声を荒げながら、
当時を振り返ったのだった。
              (日刊スポーツ)
[関連商品]

たけしの等々力ベース DVD-BOX [ ビートたけし ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お賽銭に300万円!
言葉がでません…。
いくら稼いでいたんだろう?
もっとも島田洋八さんも
1980年頃の漫才ブーム当時は、
「ギャラを札束でもらってた。
手提げの紙袋にいっぱい詰め込まれてて」
と話してますが。
当時は銀行振り込みがなかったのだそう。
しかし手提げの紙袋いっぱいの札束って、
いったい、いくらくらいなんでしょうか。
一回でいいから稼いでみたい!

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : ビートたけし バラいろダンディ 島田洋七 豪快 お賽銭 師匠 100万円 水道橋博士 初詣

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space