プロの鑑!テツandトモ、営業の姿勢が素晴らしすぎる!

一発屋といわれる芸人は数多いが、
なかにはテレビでは見かけなくとも、
営業で生き残っている芸人もいる。
その代表格が
子どもたちに絶大な人気を誇る小島よしおと
テツandトモである。
27日放送の「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系)で、
テツandトモのプロフェッショナルすぎる
地方営業での姿勢があかされて反響を呼んでいる。

[関連商品]

なんでだろう 〜こち亀バージョン〜 [ テツandトモ ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2003年に「なんでだろう~」の
ネタでブレークしたテツandトモは、
年間の営業本数が196本で
「営業の神様」と呼ばれているという。
その仕事ぶりは同じく営業の仕事が多い小島も驚くほど。

なんでも、小島によると、
営業は披露するネタが大体決まっているため、
打ち合わせはすぐ終わるそう。
だが、テツandトモは
「何がウケるか」と30分くらい企業の人と話し、
「なんでだろう~」のネタ内容を
営業ごとに細かく変えているというのだ。

番組中盤では、
テツandトモの岐阜県海津市の
営業に密着したVTRを放送。
打ち合わせで
「市の魚がナマズ」
「市の花がみかんの花」など、
海津市の情報を聞き出し、ネタに盛り込んだ。

打ち合わせ中、テツandトモは
「その土地の情報をメモっておく」という。
理由は
「同じ場所で2年連続、3年連続というのがあるので、
どういうネタをやって皆さんに喜んでもらえたか
データを取っておく」ためだとか。

こうして、テツandトモは
場所や年齢層などに柔軟に応じて盛り上げ、
「営業の神様」とまで呼ばれるようになったそうだ。
                  (トピックニュース)
[関連商品]

ストーリーで学ぶ営業の極意 [ 松丘啓司 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一度ブレイクしたからといって、
その栄光に慢心することなく、
目の前のお客さん、仕事に精一杯向き合う。
わかっていても、
なかなかできることではありません。
ひたすら、尊敬です。
彼らはテレビの歌番組に出演したときも、
共演者をネタにして、
即興でその場限りの「なんでだろう」を披露したそうで、
まさに完成された芸なんですね。
これからも頑張って欲しいと思います。


テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : テツandトモ 営業の神様 地方営業 誰だって波瀾爆笑 営業本数 ネタ内容 なんでだろう~ ネタ データを取っておく 打ち合わせ

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space