新薬でエイズ完全制圧!チャ-リー・シーン明かす!

AV女優や売春婦などともベッドをともにして、
相手にエイズを感染させたとして
裁判沙汰にまでなったアメリカの俳優チャーリー・シーン(51)。
昨年11月にHIV感染についてTVで告白し、
世界中に衝撃を与えたことも記憶に新しいが、
なんとエイズが完治したような状態であると明かし、
またも話題になっている。

[関連商品]

ルーキー [ チャーリー・シーン ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

C・シーンは革命的な新薬
PRO-140の臨床実験に参加した結果、
もはやウイルスは血液中に検知されていないと明かした。

シーンは英デイリーメール紙電子版に、
「あり得ないほどに素晴らしい。
HIVであると診断された時の状態と、
現在の状態には雲泥の差がある。すごいことだ」
と語った。

新薬を開発したバイオテクノロジー会社CytoDynの
ナダー・ポーハッサン博士も同サイトのインタビューで、
シーンの最近行われた2度の血液検査の結果について、
「ウイルスは検知されておらず、完全に制圧された」
と語っている。

HIVの治療は通常、ウイルスが定着し、
エイズを引き起こさないようにすることを目的とした
複数の薬の組み合わせにより行われる。
しかし、同社が製造したこの実験的な新薬は、
週に1度の注射が要求されるのみだという。

同社によると、
PRO-140はすべてのHIVと闘うわけではないが、
HIV感染者の3分の2以上の患者が感染している
R5という素質に対し効果的で、
医療専門家らが広く使用すれば、
数多くのHIV患者を救うことができるとされている。

シーンは、
「従来の薬で永遠に治療が続くのかと思っていたが、
今の自分を見てくれ。
新薬を開発したCytoDyn社の天才たちに、
とても感謝している」
と語っている。
                     (日刊スポーツ)
[関連商品]

HIV(エイズ:AIDS)検査キット
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医学の進歩はすごいですね。
ただ、アメリカのネット情報によると、
まだ実験段階の新薬ですが、
抗レトロウイルス薬の一種であり、
HIVの増殖を抑えるのだそうです。
この効果により、
HIV感染者に起こる様々な感染症、
倦怠感や疲労感、口内炎などの症状も
軽減されるそうです。
体調が良いという言葉は実感がこもってますね。
だけど、シーン氏の場合、
あまり同情はできませんけど。


テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : チャーリー・シーン HIV エイズ PRO-140 新薬 臨床実験 R5 CytoDyn 制圧 抗レトロウイルス薬

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space