「ドクターX」にポルトガル大使館から苦情!テレ朝、さすがの対応!

この秋期ドラマで視聴率トップを独走中の「ドクターX」(テレビ朝日系)。
すでに第四期だが人気は衰えず、平均視聴率20%超えは余裕で達成できそうだ。
このドラマ、米倉涼子演じる女医の「わたし失敗しないので」の台詞でお馴染みだが、
そんな“失敗しないドラマ”が珍しいポカをやらかしたという。
公表はされていないが、実はポルトガル大使館から苦情が入ったというのだ。

[関連商品]

[DVD] ドクターX 〜外科医・大門未知子〜 3 DVD-BOX
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ポルトガル大使館が問題だとしたのは10月27日放送の第3話。
松下由樹(48)演じる須山三佐江が「東帝大学病院」のVIPルームに入院し、
フルコースとおぼしき豪華な食事を取っている場面。
このとき松下の首にナプキンとして巻かれていたのがなぜかポルトガルの国旗。
ドラマのなかで特に説明もなく、短いシーンだったため気づかなかった人も多かっただろう。


「高級感が必要なシーンなので『ゴージャスな布』と発注したら、
なぜか美術部が用意したいくつかの布のなかに、『大きなポルトガルの国旗』があった。
特に考えもなく使ったら、ポルトガル大使館から
『国旗をこんな使い方するなんて』と抗議がきた」(テレビ朝日関係者)

大使館に確認すると、抗議ではなく、「注意喚起」としたうえでこう答えた。

「放送翌日に日本在住のポルトガル人より情報が寄せられました。
事実を確認したうえで、テレビ朝日にポルトガル大使名で、
国旗の不適切な使用に関して注意喚起する書簡を送付しました。
ポルトガルの国旗は、日本人にとっての日本国旗と同様に、ポルトガル国民にとって重要なものです」

国旗を口を拭く布に使ったテレビ朝日は軽率だったというしかない。

「当該部分はすぐに修正。再放送やネット配信では国旗を映らなくしました」(前出・テレビ朝日関係者)

これには大使館も、「対応の早さに大使はとても驚いておりました」という。

テレビ朝日は本誌に事実を認め、
「ポルトガル共和国及びポルトガル国民の皆様にお詫びします」と答えた。
                                        (引用「週刊FLASH」)

[関連商品]

ポルトガル国旗[70×105cm・安心の日本製
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この回、見てましたけどスカーフを首に巻いてるとばかり思ってました。
もちろんスカーフで口をぬぐったことは、少しおかしいとは感じたのですが、
松下が演じた女性は秘密を抱えていて妙に不自然な言動が多かったために気になりませんでした。
それにしてもテレビ朝日、さすがですねえ。
グダグダ言い訳しないところなんか、どこかの局はお手本にしたほうがいいかも。
ただ同誌によるとテレ朝の対応の速さは
「再放送やビデオ販売でも利益が期待できる優良コンテンツ」だからではないかとのこと。
もちろんそういう事情もあるのでしょうが、やはり迅速かつ柔軟な対応は称賛に値します。
また、このトラブルは主演の米倉には伝えられてはいないはずとのことで、
今後の演技への影響も心配なさそうです。
「ドクターX」は当分、安泰のようで、めでたしめでたし。
テレビ朝日は、もう一つの長期人気ドラマ「相棒」が色々あってたいへんだと思いますが、
この調子で面白いドラマを作り続けてください。
そして一日も早い「相棒」の“マズイ回”の再放送再開もお願いします。

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : ドクターX トラブル 失敗 ポルトガル大使館 苦情 松下由樹 食事シーン 抗議 ナプキン 不適切な使用

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space