ザ・グレート・サスケ「返り討ち」!親としてあり得ない稼ぎ方!

成宮寛貴さんに息子がセクハラを受けたと11日にブログで告白した
覆面プロレスラーのザ・グレート・サスケへの非難が止まらない。
  →Gサスケの告発詳細
だが、そのブログには疑問点が多く、ただの便乗商法だという非難が起きていた。
そして「週刊文春」のWEB版と15日発売号、「週刊新潮」(新潮社)のWEB版が
Gサスケの告白の詳細記事を掲載したことで、
Gサスケは「金目当て」「親としても最悪」といった批判が圧倒的になっている。

[関連商品]

【中古】 岩手発、未来へ 覆面議員サスケ参上 /ザ・グレート・サスケ(著者)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「新潮」のWEB版によると、サスケの息子は現在28歳。
15歳で上京し、父の名は伏せモデルとして活動していたが、
17歳になった頃から仕事に穴をあけるようになったという。
成宮さんの話が出ると泣き出し、
「何かを思い出すと、“痛い、痛い”とお尻をかばう」というからかなりのトラウマになっているようだ。
                              (「リアルライブ」)


確かに、この話だけを聞くと痛々しい。
だが、もし本当ならたいへんなトラウマで、10年で息子さんの傷が癒えたとは思えない。
Gサスケは「なぜ今になって?」という疑問に対して、
当時は成宮さんがゲイだと知らず、息子の話を信じられなかったと話している。
これが本当なら、親としては最低といわざるを得ない。

子どもが嘘をつくことはあり得るだろう。まして義理の息子であり、17歳という反抗期でもある。
だが、こんな性的なこと、普通に考えれば親にはもっとも知られたくないことで嘘をつくだろうか?

さらに、Gサスケの発言の赤字にした部分に注目してもらいたい。

当時、サスケの息子が高校1年生でモデルの仕事を始めてしばらく経った頃だった。
なぜか仕事を休みがちになり、精神科を受診。その結果、PTSDを発症していると診断される。

医師によるカウンセリングで、成宮さんから無理やり肉体関係を求められたことや、
『一億円あげるから俺と寝てくれ』と迫られた事実を打ち明けたのです」

医師には守秘義務があるはずだが、未成年ということで親であるGサスケに事情を話したのか?
それともカウンセリングのおかげで、息子が真実を話せるようになったのか?
どちらにしても、医師が息子さんの言葉を証言しているのに“信じられなかった”とは、どういうことか?

仮に、もし性的虐待が事実なら、弁護士か警察にいくべきだろう。
芸能界という特殊な世界でGサスケも生きており、そういった事情から、
また息子のためにも公にするのが無理だったとしても、個人的に成宮さんに抗議すべきことだ。

何をいまさら。なのである。ネットにはこんなコメントもある。

「文春にも新潮にも売ったんだ、息子の話
ご丁寧にブログで予告イントロみたいな記事出して。金に困ってるんだな」

[関連商品]

一人でできる中高生のためのPTSD(心的外傷後ストレス障害)ワークブック [ リビ・パーマー ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Gサスケは「10年もたって」という批判に対して「文春」の取材に対して、こう説明したそうだ。

「成宮さんは引退発表のFAXで事実上のカミングアウトをした。
10年以上にわたり蓋をしていた感情が爆発してしまいました」

しかし、PTSDになるほど酷い体験だったのなら、息子さんはその原因を誰にも知られたくないのでは?
それなのに、ブログという形で世間に公表する必要があるのだろうか?

さらに、現在28歳になった息子さんの許可は得たのだろうか?
いくら息子さんがメキシコ生まれで日本語が読めないとしても、日本語がわかる友人がいないとは限らない。
ネットでは息子さんは、現在も欧州を拠点にモデル活動をしており、
Gサスケのいうように、“自宅にこもりきり”という状態ではないという話も出回っている。

そもそも成宮さんのゲイ疑惑は、あくまで疑惑であって真実かどうかわからない。
成宮さんの「引退声明」にあった“セクシャリティな部分”という文言も、ゲイを認めたわけではなく、
ゲイだと指摘されたのが心外で、非常に傷ついたのだとも受け取れる曖昧なものだ。

また“被害にあった”とされる時期、息子のアンドレスさんは17歳。
メキシコ人妻の連れ子であるため体格も良く、一説には身長180cm体重80kgとも。
同時期にパリコレにも出演していたとの情報もあり、身長に関して、かなり信憑性は高い。
ショーモデルは最低でも180cmはなければ採用されないからだ。

対して“加害者”の成宮さんは1701cmで痩せ型。
圧倒的な力の差がある男性による女性への強姦とは異なり、抵抗したのに無理やり…ということは考えにくい。

さらに成宮さんが言ったとする「一億円あげるから俺と寝てくれ」との台詞も不自然だ。
当時、成宮さんは24歳。注目のイケメン俳優ではあったが、まだ主演作もない駆け出しだ。

[関連商品]

《送料無料》オレンジデイズ DVD-BOX/妻夫木聡、柴咲コウ、成宮寛貴ほか
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネットには、こんな疑問の声が渦巻いている。

「10年前の成宮寛貴さんに1億というお金があるのかしら。
どちらも擁護する気はないけど、
片方だけの話を聞いてすべて信じる訳にはいかない気がする」

「息子さん、ハンサムだとは思うけど1億円の魅力があるか?
そもそも当時の成宮くんは金無いし。きっと妄想だよ。
それにサスケさんの会話が支離滅裂」

「成宮クンみたいなイケメンがレイプするほど相手に不自由する?
だいたい新宿二丁目とか行けば1万や2万で買えるんじゃないの?」

「10年前ぐらいって成宮が一生懸命に弟の面倒みてた頃のはず。
なのに1億円って、ただの口説き文句で、払う気はなかったとかなんかか?
サスケ、話盛りすぎで草」

「お前、親だよな?蓋をしてきた?我慢してきた? んじゃテメー糞親だな!
どんな事があっても一番に守んのは“子供”だろ!?その時に、確認しろよ!
子供になんて言って我慢させたんだ?
どんな理由であろうと、今更言われてもな。そんな親なら俺は要らないね」

「こういうことは、傷ついてる息子さんのことを思うなら、普通言わないのでは……
逆に表沙汰にする神経疑う」


[関連商品]

スポットライト 世紀のスクープ/マーク・ラファロ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↑アカデミー作品賞・脚本賞W受賞したこの映画も神父による児童への性的虐待を扱ってますし、
そのほかにもアメリカには同じようなトラウマが出てくる映画やドラマ、小説は数多くありますが、
いずれの作品でも被害者は「誰にも知られたくない」といいます。

もちろん、それが良いことのはずはなく、レイプとはそれほどに微妙で痛ましい体験なのだということです。

それなのにGサスケの“告発”は父親によるセカンドレイプに等しく、
親としても人間としても、最低最悪の行為ではないのかと思わざるを得ません。

[関連商品]

子どもへの性的虐待 [ 森田ゆり ]

性的虐待を受けた少年たち [ アンデシュ・ニューマン ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「自分の子の恥ずかしい話をペラペラと…被害者だとしてもどうかしてるわ」
「相手が反論出来なくなってからこういう話するのはズルいですよ。」

「UFOを三度見た、と言う方の話です。誰が信じるの…」
「こんな金の稼ぎ方は親としてあり得ない」

「1番痛いのはサスケの言動だよな。便乗にもほどがある。」
「10年前はグレートサスケに政務調査費私用疑惑があがった年であり
県議会でUFOが岩手県内で目撃されているがどう思う?って質問した年。
成宮が引退して反論しないとタカくくって金儲けに走ったとしか思えない」


………こうした疑問にザ・グレート・サスケはグレートに答えることができるのだろうか?


テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : ザ・グレート・サスケ 非難 批判 息子 ネタ 成宮寛貴 詳細 レイプ 被害 新潮

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space