サスケ、記者会見も矛盾だらけ!3年前には成宮さんを称賛!

息子が成宮さんから性的な虐待を受けたとブログに書き、
さらには「週刊文春」と「週刊新潮」のインタビューまで受けた
覆面プロレスラーのザ・グレート・サスケ(日本人、以下Gサスケ)が14日、横浜市内で報道陣の質問に答えた。
とうぜん、ネットで指摘されているような疑問について質問がとんだのだが、
結局、最後までGサスケの言葉に納得できず、首を傾げる記者が多かったという。

[関連商品]

キングオブプロレスリング第18弾/ザ・グレート・サスケ【中古】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

12月11日にアップしたブログの記事そのものにも、疑問点は多く、様々なツッコミが入っていた。
   →グレート・サスケ、最低のヤツ!“成宮さん騒動”に便乗!


報道陣に改めて、はっきりと「息子は成宮さんにセクハラを受けた」と明言したGサスケ。
だが、成宮さんを恨んではいないといい、ブログを書くに至った経緯については、

「突然『引退します』と言って姿を消されるようなやり方は私を含めて、皆さんも納得してない。
私は今まで陰ながらですが成宮さんを応援していました。
でもこんな辞め方をするならやはり納得がいかない」
                            (オリコン)



という不満から、衝動的に書いてしまったのだと釈明した。
しかし、実はGサスケ、3年前のブログでは成宮さんの出演映画「クロユリ団地」を激賞し、
成宮さんのことも素晴らしいと書いているのだ。これが“陰ながら応援”に当たるだろうか?


●Gサスケ公式ブログ 2013年9月11日(GREE)より抜粋

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホラー映画の

グローバルスタンダード!

ストーリー展開も

全く期待を裏切らない出来!


成宮寛貴も良い!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

息子に性的虐待をした人物を、こんなふうに応援できるものなんでしょうか。
それとも、このブログの文章もお金をもらって書いたもの?

[関連商品]

クロユリ団地 スタンダード・エディション【Blu-ray】 [ 前田敦子 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サスケの息子さんが受けたのが単なる、セクハラ親父のギャグ程度のことなら、この態度もわかります。
しかし「週刊新潮」でサスケは「息子が泣きながら痛い痛いとお尻をかばう」とまで語っています。

   →ザ・グレート・サスケ「返り討ち」!親としてあり得ない稼ぎ方!

さらに、12月14日発売の「週刊文春」に語っている話をあわせて考えると、もっと奇妙だ。
息子さんがPTSDを発症した後のことだ。

「ある外国人ファッションデザイナーと成宮さんの二人から
無理やり肉体関係を迫られていたことが分かったのです。
また息子は成宮さんから『一億円あげるから俺と寝てくれ』と囁かれたことも打ち明けました。

(中略)

問題のデザイナーはゲイであることを公言していたので、
彼の日本事務所に『もう二度と日本に来られないようにしてやる』と怒鳴り込みました。
                       (週刊文春2016年12月22日号)


そして成宮さんに抗議しなかったのは、彼がゲイだと知らなかったためであり、
彼は「引退声明文」でゲイであると事実上カミングアウトしたから抗議したのだそうだ。

この話に納得できる人がいるだろうか?
それとも外国人デザイナーとやらと、成宮さん、この二人の“セクハラ度”に違いがあったのか?

[関連商品]

[DVD] ごくせん 2002 DVD-BOX/ 仲間由紀恵、松本潤、成宮寛貴、生瀬勝久ほか
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もっと不可解なのが、記者会見での以下のコメントだ。

「成宮さんの(元)所属事務所や担当マネジャーさんと話し合いの場を持ちたい」。
また、法的措置などについては
「それは全くない。私は成宮さんに対して怒ってはいないんです。
ただ、逃げるように引退するのではなく、また以前のように芸能界に復帰をしてほしい」
                                (リアルライブ)


ブログには
>「冗談だよ、そんなわけないじゃないか」って
>言ってくれればそれで良いと思って許していたのに
などと書いておきながら、しかも「怒っていない」にも関わらず、
成宮さんの元所属事務所と話し合いの場を持つ?いったい何のために?

ネット民の意見。
「ゲイだったら許さないけど、ゲイじゃなかったら許すってこと?」
「サスケは相手にしてはいけない人だということだけは判った」
「フライデーを出し抜こうとして恥をかいた文春新潮」
「ネットで同情してもらえずフルボッコになってビビッて、
なんとか辻褄をあわせようとしてる感が半端ない」

ホント、Gサスケさん、何がしたかったんですか?


テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : ザ・グレート・サスケ 記者会見 週刊文春 週刊新潮 矛盾 フルボッコ ビビッた 話し合いの場を持ちたい 外国人ファッションデザイナー ブログ

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space