「きょうの料理」伝説回はコレだ!1位は「塩むすび」で15分!

レシピサイトも動画による料理解説もたくさんあるのに、
テレビの料理番組の数はいっこうに減る気配がない。
プロの作る料理はやはり安心で、しかも安定の美味しさだからだろうか。
それとも、プロの技術で見せる料理映像が、より一層の食欲をそそるからか。
なかでも50年以上続く歴史を誇るNHK Eテレの15分番組「きょうの料理」のなかから、
もはや伝説となっている「神回」を雑誌『ケトル』(12月14日発売)が特集している。

[関連商品]

ケトル Vol.34  2016年12月発売号 [雑誌]【電子書籍】[ ケトル編集部 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

堂々の1位は「塩むすびの作り方」(2014年10月30日放送)

『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)にも取り上げられた伝説の回は、
手に塩をつけておにぎりを握るだけで15分。
しかし手の洗い方から教えることで、見事に時間を使い切りました。
                           (雑誌「ケトル」Vol.34)


料理をしたことのある方ならわかりますが、単純なのに奥が深く、実は難しい「お結び」。
しかし講師の土井善晴さんが伝えたかったのは、料理に愛情を込めることの大切さなのだそう。
ほかの番組に出演した際に、家庭料理は

「無理をして作らないこと。できることをやること。
家族を思う気持ちで作る料理に義務感は必要ありません」

と語っていたことからも、
一つ一つの作業に心をこめる大切さが伝わってくる土井さんらしい回だったとのこと。


第2位 「たまごサンドの作り方」(2013年4月11日放送)

たまごサンドといっても、この回で紹介されたのはゆで卵をマヨネーズであえたものではなく、
スクランブルエッグで作る「食べごたえがあって、食べ飽きないやさしい味」。
土井善晴さんが手がけた超シンプルレシピで、
使用するパンもサンドイッチ用ではなく、ごく普通の食パンでした。

調理過程のほとんどを「スクランブルエッグの作り方」に費やし、
放送時間の大半は超弱火でたまごを温め、かき混ぜている様子でした。

一向に変わらない作業風景を見せることで土井さんが伝えたかったのは、
「こうして時間をかければ誰でもふわふわのスクランブルエッグが作れる」ということ。
手順を省略してしまっては伝わらないどころか、
むしろ強火で焦がしてしまう人が多いことから、15分かけて伝えることにしたのです。
                           (雑誌「ケトル」Vol.34)


あ~あ、そうなんです、スクランブルエッグって、つい強火でチャチャっと作ってしまうんですよね。
さすが土井先生、わかってらっしゃる。
それはそれで好きなんですけど、ていねいに15分間かけて作ったスクランブルエッグ、
食べてみたいです。

[関連商品]

土井善晴の懐かしごはん [ 土井善晴 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第3位 「ブロッコリーはステーキだ」(2016年11月3日放送)

「手抜き料理がうちの看板料理!」と断言している平野レミさん。
そう語るのも、家庭料理に時間をかけられる人は滅多にいないことを知っているから。
「こうすべき」という常識を打ち破ることで、手作りのハードルを下げようとしているのです。
                           (雑誌「ケトル」Vol.34)


レミさんといえば「キャベツの丸ごと煮」、「丸ごと人参」など、インパクト抜群の料理で有名ですが、
スペシャル生放送「月刊きょうの料理」で、なんとブロッコリーを半分に切ったステーキを披露。
「ブロッコリーは丸ごと食べたほうがうまい!」と以前から主張していた平野さんですが、
このステーキ、実際に食べた人はみな、見た目のインパクトに反した美味しさに驚いたそう。

平野さんの「手抜きごはん」と「まるごとメニュー」50品を完全掲載したレシピ本も愉快です。

[関連商品]

平野レミと明日香の嫁姑ごはん物語 [ 平野レミ ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第4位 「よみがえる伝説の酢豚」(2015年5月28日放送)

『きょうの料理』は手軽なレシピを解説するだけではありません。
プロもあまり知らない貴重な技も紹介してくれます。
谷原章介さんが伝説の料理を探求するシリーズでは、
昭和30年代に著名な料理人たちが本場の中華料理を研究する過程で生み出した、
日本料理史にその名を刻む「聖堂式レシピ」を発掘。
その中でも番組では、特に伝説といわれている「聖堂式酢豚」を披露しました。
                           (雑誌「ケトル」Vol.34)


この酢豚、中華料理店でも滅多に食べられない料理だそうです。
NHKの「きょうの料理」サイトでレシピが公開されているので見てみましたが、
手順数が一般的な酢豚の1.5倍。
調理時間は30分と書かれていますけど、それで済むかなぁ。。。。。。
特に、豚肩ロースの塊肉を使うところが、かなりハードル高いかも。

[関連商品]

NHK「きょうの料理ビギナーズ」ハンドブック フライパン1つで簡単中国料理【電子書籍】[ 高木ハツ江 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とりあえず挑戦するなら、やっぱり「塩むすび」ですかね。
年末年始、ごちそう責めで疲れた胃を、優しく癒してくれそうな感じがして魅かれます。
料理にふさわしくない邪念ですけど、男子にも女子にも受けそうですし、
「得意料理は、塩むすび」なぁんて、肉じゃがやサバの味噌煮よりもカッコイイかも。

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 塩むすび きょうの料理 NHK Eテレ 雑誌 ケトル Vol.34 マツコ&有吉の怒り新党 土井善晴 伝説回

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space