「真田丸」佐助の実年齢に驚愕!堺と三谷が語った最終回秘話!

12月18日、ついに大河ドラマ「真田丸」が最終回を迎えた。
最終回の視聴率は14.7%、全話平均視聴率は16.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。
ただし、テレビ視聴率調査の仕様は10月3日より一部変更になっているそうで、
NHK総合(関東地区)の第40回(10月9日放送)から第48回(12月4日放送)まで、
9回分の総合視聴率は平均20.3%だったという。
ここでは主演の堺雅人、脚本の三谷幸喜のインタビューなどを交え、最終回を振り返りたい。

[関連商品]

真田丸 完全版 第参集/堺雅人[DVD]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まず、ネットがもっとも沸騰したのは、ドラマが終わった瞬間ではなく、
その直前、いくさに敗れた真田信繁(堺)が自害しようとする場面で、
しのびの家臣・佐助(藤井隆)に「いくつになった」と尋ねると、
佐助が「55でございます」と答えたところだった。

「なんと、佐助の方が信繁より年上だった!」
「佐助、55歳であのスペックかよ」

“忍びの者”として、風のように現れては見事な身体能力で信繁を支え続けた佐助が
意外な高齢だったことに驚きの声が沸きあがった。
ちなみに信繁は49歳で亡くなったとされる。

さらに第48話で佐助がきり(長沢まさみ)に求婚して断られた話を思い出して、
「ていうことは、佐助は五十路にもなってきりに告白してたってこと?」
と、改めてざわつく声も。

本来なら信繁の自死、そして視聴者は涙…という場面にも関わらず、
「感動しきりだったのに、佐助55歳のくだりにクスッとしてしまって」
という意見も多く、最後まで油断できない“三谷脚本”の本領発揮だった。

もちろん最終回にはスピンオフに登場した「ダメ田十勇士」の面々がついに登場。
「回収し忘れた小ネタが多い」との揶揄を意識したのか、それとも視聴者の期待に応えてのことか、
悲劇的な最後を描きながらも三谷色は色褪せることがなかった。


[関連商品]

真田丸 完全版 第四集【Blu-ray】 [ 堺雅人 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もちろん最大の見所は信繁(幸村)と家康の直接対決シーン。
家康の首を狙い、その本陣に突き進む幸村。見事、家康を追い詰めて射程距離に捉え、馬上筒を構える幸村。
もう逃れる術はないとと、覚悟を決める家康。

まさに乾坤一擲のその瞬間、新たな軍勢のざわめきが。家康の息子・将軍秀忠(星野源)が到着したのだった。
千載一遇の好機を逃した幸村は、佐助(藤井隆)と共にその場を脱出するが、すでに命運が尽きたことを悟る。

この展開について主演の堺は、最終回前のインタビューで

「ここまで演じてきた分、向かうべき家康の姿もはっきりしていて、
そこに至るジグザグのルートもしっかり見えている。すべてが具体的になった」
「情緒やしみじみした思いはどんどんなくなり、実務者の顔になっていった気がします」と語っていた。
                                       (Smartザテレビジョン)


戦国期における実務者、すなわち戦略家であり戦う男・幸村が政略家・政治家である家康に敗れたのだ。

ラストでは、大坂から江戸に戻る信之(大泉洋)と、
道中で一緒になった本多正信(近藤正臣)にカメラが向く。
二人が語り合っているところに、大坂城落城の知らせが届き、
正信と別れた信之は、ふたたび歩みを始める。
弟と対照的な生き方を選んだ信之が、生き延びて真田家をつないでいく姿を予感させるものだった。

実は、三谷はインタビューで、このラストシーンについての秘話を明かしていた。

以前から近藤のファンだったという三谷は、
「近藤正臣さんが演じられることで、本多正信にすごく人間味、深みが出てきて、
どこかで『真田丸』は正信で終わるんじゃないか、とふと思ったんです」と振り返る。
「正信が信之に何か影響を与えて、信之が信濃松代藩の礎を築くことにつながる…
そんな想像から段々、最終回のラストシーンが見えてきた」と言うのだ。
                                       (Smartザテレビジョン)


全50話中、屈指の名場面、語り継がれる真田家の物語のなかでもっとも盛り上がる箇所とされる
第35回「犬伏の別れ」で異なる道を選んだ兄弟、兄・信幸と弟・信繁。
信幸はあのときの涙を忘れず、新しい真田家を築いていくのだろう。

[関連商品]

STERA(ステラ) 2016年 1/29 号 [雑誌]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみに「真田丸」の視聴率をまとめておくと、
初回(1月10日)に【関東】19.9%、【関西】20.1%でスタートして、
最終回の視聴率は【関東】14.7%、【関西】16.3%。
全50回の平均は【関東】16.6%、【関西】15.9%。

2014年の「軍師官兵衛」といい勝負でしたね。

最近の大河ドラマの平均視聴率は、

2015年『花燃ゆ』 関東地区12.0%、関西地区13.0%
2014年『軍師官兵衛』関東地区15.8%、関西地区18.2%
2013年『八重の桜』関東地区14.6%、関西地区13.7%

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 真田丸 最終回 ネットがざわついた 話題 秘話 三谷幸喜 堺雅人 インタビュー 佐助 年齢

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space