西野カナ、超肉食の素顔!スタッフを次々毒牙に?!

恋愛ソングのカリスマといわれ、女子中高生の熱い支持を受ける西野カナ(27)。
紅白歌合戦にも7年連続出場、今月5日には「第49回日本有線大賞」を「Dear Bride」(SME)で初受賞するなど、
仕事は順調そのものだ。
ところが私生活は、とてもとても若い女性には見せられない乱れっぷりだそうだ。

[関連商品]

Dear Bride (初回限定盤 CD+DVD) [ 西野カナ ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月末に写真週刊誌「フラッシュ」にイケメンマネジャーとの半同棲愛が報じられた西野。
記事によれば、マネージャーは小柄だが、目力が強い市川海老蔵似のイケメンだそう。
もっとも西野は推定158cmと決して大柄ではないため、お似合いのカップルかもしれない。

マネージャーとアーティストの恋愛は、業界のご法度。マネージャーは商品に手を出した形だが、
メロメロなのは西野のほうで、一部のファンの間では以前から交際が噂になっていたという。
それがおおっぴらになったのは昨年の夏、西野が現在の自宅マンションに引っ越してから。
マネジャーと思しき男性が1人で出入りする姿がたびたび目撃されており、半ば同棲状態だというのだ。

さすが“恋愛ソングのカリスマ”、自分の恋にも一生懸命と微笑ましくもあるが、
先に書いたように業界的には許されないスキャンダルだ。
おまけにヒット曲連発の歌姫の恋愛ネタとなれば各週刊誌が飛びついてもおかしくない。
ところが、『フラッシュ』の発売直前に、ASKAが覚せい剤で2度目の逮捕をされてマスコミは大忙し。
さらに西野のバックは超大手ということもあり、
マスコミ各社に『後追いはやめてくれ』とのお達しが出まわった。
芸能記者によると「たぶん、『NHK紅白』の取材でもマスコミが西野に接触する機会はないだろう」。

デビュー早々からヒットを飛ばし、2年後から紅白歌合戦連続出場を続けている歌姫の
運の強さは半端ではない。作詞作曲だけではない“才能”がありそうだ。
しかも、西野が周囲の男性に“手を出した”のはマネージャーが初めてではないのだとか。

[関連商品]

Secret Collection 〜RED〜 (初回限定盤 CD+DVD) [ 西野カナ ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これまで「会いたくて 会いたくて」「トリセツ」など数々の恋愛ソングがヒットしている西野だが、
それもそのはず。プライベートは、恋愛ソングのネタに事欠かないようだ。

「今回、交際が発覚したマネジャーは、
コネ入社した所属レコード会社の役員の息子で、いわば“禁断の恋”。
マネジャーとの仲が公になる前には、
ツアーやレコーディングを担当している“ぐっさん”ことギタリストの山口隆志氏との関係が、
ファンの間でも公認の仲となっていた。
業界内では、お気に入りのバックダンサーをホテルの部屋に呼んで
マッサージさせているのも知られていた」(大手レコード会社関係者)
                             (日刊サイゾー)


え?え?え? イケメンを部屋に呼んでマッサージさせるって…
まるでドラマに出てくる中高年の金満マダムの振る舞いではないですか。
肉食系にもほどがある。
でも、売れっ子アーティストで可愛くて、まだ27歳なら、
呼ばれた男性スタッフのほうも「ラッキー!」とか喜んでるのかな。
男性アーティストが女性スタッフにやったら、絶対にセクハラ騒ぎになるだろうけど。

[関連商品]

LOVE STORY [ 西野カナ ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ただ、記事によると西野の肉食ぶりは大学生時代から有名だったそう。

もともと西野は松阪市の資産家のお嬢様で、幼い頃から海外生活に興味を持ち、
小学校5年生のときにグアム、高校1年生のときにはロサンゼルスに、
ホームステイさせてもらったという恵まれた家庭環境です。

加えて、16歳のときに受けた映画のヒロインのオーディションで約40000人の中から、
なぜか「女優」ではなく「歌手」として歌声が見出されたという伝説の持ち主でもあります。
実は、裏で父親が資金力にモノをいわせたという噂もあるようですが、真偽のほどはわかりません。
たちまちレコード会社と契約を結んだものの、高校の三年間は準備期間としてデビューせず、
名古屋市内の有名なお嬢様大学に進学。

2008年にメジャーデビューを果たすと、09年には6枚目のシングル「君に会いたくなるから」が大ヒット。
2010年からは毎年ヒットをとばし、紅白歌合戦連続出場記録を更新中。

これだけ公私ともに恵まれた環境に育って、しかも作詞などの才能もあって、
ギャル世代のファッションリーダーと呼ばれる存在でもあって…
と冷静に見ると、天狗にならないほうがおかしいくらいですけども。

「一部メディアが報じたところによると、大学生時代は『合コン女王』として有名。
しかし、イケメン以外には興味を示さないなど、かなり態度が悪く、
みな彼女との合コンには、二度と行きたがらなくなってしまうとか」(女性誌記者)
                             (日刊サイゾー)


西野自身の「トリセツ」は、けっこう面倒くさいということでしょうか。

[関連商品]

Love Collection Tour 〜pink & mint〜【通常盤】 [ 西野カナ ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年のレコード大賞の本命と目される西野。
下馬評どおりに受賞が決まったら、噂のイケメンマネージャーと祝杯を上げるのでしょうか。
とりあえずヒットのあるうちはいいけど、男性遍歴ばかりが注目されるようになって、
“空港芸”と揶揄される歌姫の二の舞にならないことを祈ります。

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 肉食系 素顔 裏の顔 マネジャー 半同棲愛 周囲の男性 手を出した ギタリストの山口隆志氏 バックダンサー マッサージ

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space