SMAP紅白出場か!NHKの“異例対応”にマスコミざわつく!

SMAPのベストアルバム『SMAP 25 YEARS』が今日、12月21日に発売され、
入荷初日に26.8万枚を売上げ、12/20付オリコンデイリーアルバムランキング1位に初登場した。
14年9月発売の前作『Mr.S』の累積売上数は23.0万枚。
『SMAP 25 YEARS』はそれをわずか1日で4万枚近くも上回ったことになる。
あらためてスマップというグループの偉大さと、ファンの気持ちに思いを馳せずにはいられない。
そんななか、スマップが紅白歌合戦に出場するのでは?という情報が飛び交っている。

[関連商品]

SMAP 25 YEARS (初回限定仕様) [ SMAP ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

SMAPが最後の花道としてNHKの「紅白歌合戦」を選ぶのではとの憶測は、
解散発表の直後から何度も囁かれてきた。

NHK側も籾井会長までが「出演交渉に全力を尽くす」と言い切った。
にも関わらず、SMAP側が難色を示し、絶望的といわれたのが11月頃。
案の定、11月24日 に発表された『第67回NHK紅白歌合戦』の出場歌手46組のなかに、
スマップの名前はなかった。

メンバー5人が揃う唯一の、そして長年の冠番組でもある「SMAP×SNAP」(フジテレビ)の
収録現場の雰囲気が最悪で、特に香取慎吾は木村拓哉と目を合わせることすらない。
この状態では、5人で生でパフォーマンスすることなどとても無理だと伝えられた。

確かに一時期の「スマスマ」、特に5人が揃うコーナー「ビストロスマップ」からは
ぎくしゃくしていることが画面からにじみ出て、視聴者にまで伝わってくるほどだったから、
生歌披露は無理といわれたら、残念でも納得したファンは多かっただろう。
ところが、12月7日に流れが変わった。

「NHKからタモリさんがゲストとして出演するという発表がありました。
これで状況が大きく変わりましたね。
頑なに司会のオファーを断っていたタモリさんが紅白に出るというのはよほどのこと。
SMAP出場に関係があるという話なんです」(NHK関係者)
                                 (週刊女性PRIME)


タモリとスマップは関わりが深く、特に香取は恩義も感じているからだ。
→関連記事「タモリが香取の心をほぐした!」

[関連商品]

幽かな彼女 DVD-BOX [ 香取慎吾 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メンバー間のわだかまりはとけていないものの、タモリさんのために考え直したという噂と同時に、
メンバーたちもきちんとした形でファンの気持ちに応えたいという思いが強いというのだ。

「ファンが解散撤回の署名を集めたり応援広告を出したりしているのはメンバーも知っています。
“SMAPはファンがあってのSMAP。最後はファンに向けて、ちゃんとお別れを言おう。
すべてはファンのために”ということで最終的に意見が一致したそうです」(芸能プロ関係者)

紅白に出場はするものの、ステージで生の姿を見せるわけではなく、中継で歌を歌うのだという。

「SMAPは紅白出場を“クリスマスプレゼント”としてもうすぐ発表するようです。
NHKの希望としては3曲を歌って、最後が『世界にひとつだけの花』という構想もありました。
最悪でもコメントだけの出演を目指していましたが、
ここにきて道が開けた形になりました」(前出・NHK関係者)
                                 (週刊女性PRIME)


上記の「週刊女性」の報道が12月19日のこと。
そして今日、21日に今度はマスコミ各社がいっせいにざわつく出来事があった。
NHKからマスコミ各社に「紅白歌合戦の取材日を28~30日の3日間とする」旨、通知されたのだ。
「紅白」の取材は毎年、29日と30日の2日間のみというのが恒例。
それが今年から変わったとなれば、裏読みしたくなるのは仕方ない。
もちろん、当日の流れは伏せられたままのため、
芸能担当記者ですら、理由に関しては皆目、見当がつかないという。

「ただ単に、制作サイドの負担を減らすために、音合わせの日を1日増やしただけなのかも。
そうすれば、1組ずつに対して十分な時間が取れて、
本番に向けていいパフォーマンスが期待できる。
ただし、それだと、単にマスコミサイドの負担が増えるだけ」(レコード会社関係者)
                                 (日刊サイゾー)


とはいえ、最初に紹介したとおりSMAPの25周年アルバムの売れ行きは凄まじい。
NHK側が指をくわえて眺めているだけのはずがない。

[関連商品]

ありがとう!SMAP
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

折りしも、12月19日に放送された「スマスマ」の「ビストロスマップ最終回」ゲストはタモリ。
シェフに扮した木村拓哉(44)、稲垣吾郎(43)チームと、
草なぎ剛(42)、香取慎吾(39)チームが料理の優劣を競うという趣旨のコーナーにも関わらず、
タモリはまさかの引き分け判定。

タモリは
「今日は最終回だから判定はいいんじゃないか。最終回だからそんなことしたくない」
とまさかの提案。
中居は「だからこそしてくださいよ」と反論。
その後も譲らないタモリに食い下がったが、タモリが
「俺はね、ずーっと判定ばっかやってきたんだよ。もうたくさんだ。判定なんかしたくない。」
                                     (サンケイスポーツ)


最後には中居が折れて、同コーナーの歴史上2度目、
1996年7月29日放送分の女優・真野響子(64、現在)が出演した回の一度のみ。
実に20年ぶりの「判定なし」という、まさに記念すべき幕引きとなった。

しかもタモリが中居を説得した台詞が実に含蓄が深い。

「ここは判定したくないって時も判定してきた。(中略)
もう俺は判定は飽き飽きだ。人生に判定なんかどうでもいいことだ」


[関連商品]

【中古】 ビストロスマップ新世紀こだわりレシピ /ビストロスマップ5委員会(編者)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

来週、26日の「スマスマ」はスペシャルで午後6時半から同11時18分まで約5時間の放送。
ただし、公式サイに
「SMAPと共に歩んできた20年9カ月分のスマスマ全てを、存分にお届けします」
と記載されているとおり、これまでの名場面を集めた総集編になる予定らしい。
ただ、最後のライブコーナーで5人揃って「世界に一つだけの花」を歌う姿はすでに収録済みとのこと。
さて、31日の紅白歌合戦にSMAPの姿はあるのか。
当日までわからないのかもしれない。

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : SMAP 紅白歌合戦 NHK側 異例の対応 大晦日 出場 可能性 タモリ 最終回 判定なし

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space