坊主失格!爆問・太田が語った「非礼極まりない坊さん」!

お葬式などをお寺でする人が減り、寺院が消滅の危機にあるという。
寺院や仏教は日本文化の一翼を担ってきた重要な存在であり、寺院消滅は確かに対策が必要だ。
しかし、日本人のお寺離れは寺院側、つまりお坊さんたち自身が招いた側面もある。
よく揶揄されるように“葬式仏教”に堕し、迷える衆生を救う努力をしてこなかった。
まして、その葬式さえプロとして仕事ができないのなら、何をかいわんやである。
爆笑問題の太田光がラジオで語ったお坊さんの話に呆れる聴取者が続出した。

[関連商品]

「ぼうず丸もうけ」のカラクリ [ ショーエンK ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

27日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)でのこと。
太田は11月8日に亡くなった母・瑠智子(るちこ)さんの四十九日を振り返っていた。
納骨は多摩霊園で行われたのだが、住職は遅れてきた上に、
なぜか「しまった、しまった」とつぶやき始めたのだという。
太田はしばらく無視していたが、
「いやぁ、参ったなぁ。困っちゃったなぁ」といわれ、
仕方なく「どうしたんですか?」と聞き返した。

すると住職は臆面もなく、娘に太田さんのサインをもらってきてくれと頼まれたと話し、
「私は、色紙を忘れてきてしまいましてね…いいですか?」
と図々しくも太田にサインをねだってきた。
寒い日だったので早く終わらせたかった太田は「いいですよ」と返したが、
そこで住職は、さらにとんでもない行動をとったのだ。

なんと、太田の妻で事務所社長の光代氏が紙袋に持参していた線香のなかから断りもなく一包みとり、
さっさと開封すると、その線香を包んでいた紙をとって四角く畳み、
「じゃあ、これでちょっとすみません」と太田にサインをさせたのだという。

もちろん、これは納骨式の最中のこと。
親類縁者は寒い中、お墓の前でずっと待たされていた。
住職はサインをもらって懐に入れた後、ようやくお経を読み始めたそうだ。

最近は「お坊さんバー」など、本職の坊主が悩み相談にのってくれる場所が話題になっているが、
こういう不埒な住職に関しては、どこに相談すれば良いのだろう?

[関連商品]

hasunoha お坊さんお悩み相談室 / hasunoha
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実はこの住職、太田の父親の葬儀のときからの付き合いだそうで、
そのときも戒名を間違えるなど、さんざん“やらかした坊さん”なんだそう。
しかも、いつも高級車で乗りつけるのだとか。

しかも、この納骨式の日は特にひどかったようで、場所を移して行われた法話も、

「太田さんはテレビで見るのと違って、実際にお会いするとたいへんに謙虚な方で、
わたしも他の方のこういう席で、太田さんの話をさせてもらってます。
それでは、このへんで…」

という、まるで内容のないものだったそうだ。
相方の田中祐二も、この住職には会ったことがあるそうで、
「ちょっと、最悪だな」などと、太田の語った内容に終始呆れていたのだが、
かんじんの太田は、なぜか怒っておらず、

「面白いんだよ、あの人。」
「俺、笑っちゃったけどね(笑)」

などと、妙に気に入った様子を見せていたのだった。

[関連商品]

2016年度版 漫才 爆笑問題のツーショット [ 爆笑問題 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このお坊さん、太田の話を聞く限り問題外に酷いと思いますが、
肝心の喪主である太田が笑っているんじゃ、仕方がないですね。

もっとも最近は古くから付き合いのある旦那寺のお坊さんといえども、
あまりに態度が酷かったり、お経代をふっかけるようだったら、
「だったらamazonの『お坊さん便』を手配しますから」
と脅かせば済むかも、なんて思っちゃいますけれども。

ぜひとも、お坊さんたちにはしっかりと宗教家としての道を追及し、
我々、凡夫たちを導く役割を担ってほしいものです。
寺院が消滅してしまうのは、やっぱり寂しいです。

[関連商品]

寺院消滅 [ 鵜飼秀徳 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 太田光 お坊さん 住職 ラジオ 実母 四十九日法要 サイン 無礼 納骨式 父親の葬儀

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space