三浦友和、妻・山口百恵は優しい!俳優を辞めたいと思ったことも!

ベテラン俳優として抜群の存在感を持つ三浦友和さん。
伝説のアイドル、山口百恵の旦那さんとしても有名です。
もともと三浦さんもスターでしたが、中年以降、演じる役柄に幅がでて、ますます輝きを増しています。
そんな三浦さんは今年でデビュー45周年。
その節目の年に実に17年ぶりに連続ドラマに主演することになりました。
1月12日スタートのテレビ朝日系『就活家族~きっと、うまくいく~』です。
「週刊女性」のインタビューで作品への意気込みや俳優として悩んだ日々、
テーマにちなんだ家族については、妻・百恵さんとの生活ぶり、
芸能界で活躍する二人の息子さんへの思いも明かしています。

[関連商品]

MA2707 近代映画ハロー早春号 山口百恵 三浦友和 天使を誘惑
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「タイトルを最初に聞いたときは“ああダメだな”って思いました。
大学生の息子の就活で、家族が翻弄される、世の中にありがちな話かな、と。
でも、脚本を読んだら家族全員が就活をしないといけないという設定が面白かったので、
参加させていただこうと思いました」

こう語るのは、三浦友和。
『就活家族~きっと、うまくいく~』(1月12日スタート、テレビ朝日系・毎週木曜夜9時~)に主演。
連続ドラマ主演は実に17年ぶりになる。

「俳優の仕事は、9割ぐらいが体力勝負なので、
連ドラの主役をお受けするのは、相当な覚悟がいります。
久しぶりに(主演を)やらせていただいて、やっぱり大変です。

脚本が(収録ぎりぎりに仕上がるのではなく)先行しているので、ありがたいのですが、
例えば会社のシーンを数話分もまとめ撮りする。
朝から晩まで1日中、深刻な重たいシーンが続くと、体力とは別に大変だなと。
脚本がたくさんできているのも善しあしです(笑)」

三浦演じる主人公の富川洋輔は、中学校教師の妻(黒木瞳)、
OLの娘(前田敦子)、就職活動中の大学生の息子(工藤阿須加)の4人家族。
洋輔は大手企業の人事部長だが、あることがきっかけで苦境に立たされる。

「いろんな面を持っている普通の人というのが魅力です。
会社では人事部の部長ですが、家では奥さんに“洋ちゃん”、息子には“オヤジ”と呼ばれている。
ちょっと威厳があるお父さんには、絶対そう呼べないですから。
そういうお父さんだなと想像ができます。
外の顔と家の顔は、みんな違うものだと思うし、そう描かれているのがとてもいいなと思います」

役作りには、自身の性格や経験を反映することがあるという三浦。
私生活では息子2人の父親だが、実体験にない“娘”への接し方にはいまだに戸惑うという。

「普段、どんなことを話題にしたらいいのかわからないし、
娘がお父さんとどうやって接するのか見当がつかず、想像の世界でしかない。
小さな子どもでも男の子だったら全然平気ですが、女の子だとどう遊んでいいのかもわからない。
抱っこするのも抵抗があったりします。
娘を持つ父親役は何度も演じていますが、いまだに慣れないです」

[関連商品]

RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ【Blu-ray】 [ 三浦友和 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドラマでは、それぞれに秘密を抱えた家族が描かれるが、
自身の理想の家族像や家族の問題への対処法については、こう明かす。

「何事もなく健康に過ごせることだと思います。
そこがいちばん大切なのに、そのことを忘れてしまいますよね。
贅沢なことを考えたり、子どもが小さいときは、なるべくいい学校に行ってもらいたいとか、
運動会ではビリにならず、1等になってほしいと思ったり。
でも、ちょっと病気になったりしたら、この子が元気でいることがいちばんと思ったりしますからね。

(家族の問題は)話し合いしかないでしょうね。
わが家では、妻も子どもも何かあったときには、そこから目をそむけないで話します。
夫婦でも親子でも全部さらけだしている家族がいるかっていうと、たぶんないと思う。
ただ、表に出てくるいろんな問題があったら、こまかく話し合って、
お互いに納得していかないといけないと思っています」

父親として息子2人には、言い聞かせるでも、叱るでも、どちらのタイプでもないという。

「何かあったときに言ったりするのは、お母さん(妻)だったでしょうね。
息子たちは特別にやんちゃでもなかったし。
世間でいうところのいい子だったんです(笑)。兄弟ゲンカも数えるほど。
小学校低学年のときに目の前でやっているのを見て、ケンカするんだと(笑)。
反抗期もなかったので、逆に心配になったくらい。

間違ってしまわないかと思ったりもしましたけど、そういうこともなく、
2人は芸能界に入っちゃいましたけどね。
本人には言いませんけど、心配ですよ。
でも、細々でも親の手を借りずに生活しているから、いいだろうと思っています」

[関連商品]

アウトレイジ ビヨンド [ ビートたけし ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子どもたちが巣立ったあとの夫婦2人きりの生活も教えてくれた。

「メニューを子どもに合わせるのではなく、
夜の食事では1杯飲みながら、好きなバラエティー番組を見て、1時間、2時間かけて食べたりしています」

バラエティー好きというのはちょっと意外な印象も。

「昔からお笑い全般が好きで、録画しておいて見ます。R-1もM-1も見ています。
2人で見ながら、どんなネタづくりをしているのかなとか、
人気が出る芸人さんを予想したりして、会話しています。

ドラマは、妻が録画して見ています。
妻評? 僕や息子が出ているものは見てくれていますが、とくに何も言わないです。
僕が出ていないものには厳しいですよ(笑)。
わかりやすい内容のドラマは、あまり好きじゃないみたいなので、
今回の作品は、ごちゃごちゃしているし、好きかも。頑張らないといけないですね」

結婚して36年。
仲のいい夫婦の穏やかな日々を垣間見せてくれたが、
かつては芸能マスコミに追われ、苦痛と葛藤を強いられた。

「変わったのはマスコミですよ。すごくやさしくなったし。
2人で映画館にも行きますが、気づかれません。
もしわかっても騒ぐような方もいないし、みなさんやさしいです」

[関連商品]

ゴールデン☆ベスト 山口百恵 コンプリート・シングルコレクション [ 山口百恵 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年、俳優デビュー45年の節目を迎えた。

「20代のときに1度やめたいと思ったときがあったけど、
『伊豆の踊子』(映画デビュー作)で意識が変わり、
30代の『台風クラブ』(相米慎二監督)がいちばん転機になって、面白い仕事だと思わせてもらえました。
45年は長いですが、続けてこられたのは、
この仕事が好きだと思わせてくれる人に出会えたことと、
やり続けたいという気持ちが強かったからだと思います」

キャリアを重ねて、今後の目標ややりたいことは?

「何もないです。思うのは、あと15年で80歳、そういうことのほうが大きくなってきています。
それは、大先輩方が80歳ちょっとで亡くなっている。
そういう現実に、自分も15年ちょっとであの方々の年齢になってしまうんだなと。
ものすごく大きいですよ。

あと15年しかないのか。
その間に何ができるのか、プラスそういう年齢になったときの妻や子どものこととか。
そういうことをすごく考えます。それこそ“終活”です。
それをまじめに考える年齢になったと実感しています」

今回のドラマの主人公は、
定年を控えたサラリーマンで“終活”もかかっている点を共感ポイントにあげる。

「家族がひどい目にあって、視聴者の方には身近に感じてもらえるようなことが起きるので、
楽しく見ていただけるんじゃないかなと思います。
(役では)いままで見たことない顔が少しは出るかもしれないですね。お笑い好きな面とかね(笑)」
                                     (週刊女性PRIME)
[関連商品]

死にゆく妻との旅路 [ 三浦友和 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

三浦友和さん、筆者は若いときは特別に好きではなかったんですが、
「ALWAYS 三丁目の夕日」など中年になってからの演技は大好きです。
印象に残っているのは、やはり「アウトレイジビヨンド」の怖い極道役と
「葛城事件」の変人で非常に高圧的な父親役ですね。
息子役の若葉竜也が無差別殺傷事件を起こすまでに追い詰められる、
それが「ああ、あの親父さんなら無理ないかも」と頷いてしまうほど、圧倒的に恐ろしい男でした。
三浦友和が好感度を捨てて挑んだと話題になったんですが、そのわりにヒットしませんでしたね。
まあ、テーマが陰惨で見てて楽しいという物語ではありませんでしたから、無理もありませんが。
インタビューのなかでは終活についても語っていらっしゃいますが、
老いてますます盛ん、と形容されるほどのご活躍を期待したいです。


テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 三浦友和 山口百恵 夫婦生活 息子 子育て 就活家族 家族の問題 心配 バラエティー好き

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space