キムタク、表面化した傲慢さ!解散の原因はやっぱりの声!

1月11日に「SMAP解散の原因が分かったよ」という書き込みがネット掲示板で注目された。
元SMAPの木村拓哉が自身の主演ドラマの宣伝でバラエティに出演し、
その際、共演者の松山ケンイチをまったく無視した、という話だ。
さらに12日に行われた記者会見での発言もツッコミどころ満載だった。

[関連商品]

ハウルの動く城 [ 倍賞千恵子、木村拓哉 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まず松山ケンイチとの件。
テレビを見ていた人たちは
「マツケンの表情が徐々に死んでいくのがわかった」という。

9日の「関口宏の東京フレンドパーク2017新春ドラマ大集合SP!!」(TBS系)で
キムタクとマツケンはエアホッケーでホンジャマカと対決した。
その際、キムタクは視聴者も共演者も唖然とさせる行動をとったのだ。

キムタクはエアホッケーの円盤を受け取るとラケットで静止させ、
それを移動可能な範囲でホンジャマカが守る敵陣の近くまで運び、
強い一撃で一直線にゴールに叩き込むという荒業にでた。
しかも、それを三回続けたのだ。
エアホッケーの醍醐味であるラリーはなく、
見ているほうとしては面白くもなんともない。
たぶん、反則すれすれでもあるだろう。

なにより、コンビを組んだマツケンはやることがない。
いちおう「自軍のゴールを守っている」といえなくはないが、
円盤に触れることもなく、ただ立っているだけの状態。

キムタク、マツケン組は竹内結子と木村文乃ペアからの引継ぎで、
女優ペアは3対1で負けていた。
勝負は5点先取だから土壇場だったことは認めよう。
しかし、たかがバラエティのゲームだ。
見ているほうも参加者も楽しめない。
そんな大人気ない態度をとる必要があったのだろうか。

[関連商品]

頭がいい人のマナー 残念な人のマナー [ 西出ひろ子 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

番組放送中から、ネット上にはこんなコメントが踊った。

「年下の俳優に見せ場を作るどころか、触らせもしない木村」
「マツケンの表情が徐々に香取みたいに死んでいくのが面白い」
「解散の真相を理解する上で重要な事案が発覚しましたね。
メンバーよりも利益。自分がよければそれでいい」
「こんな性格だからSMAP解散になるんだよアホ」


うむうむ、これはどこをどうやっても擁護はできないだろう。
もしかしたらキムタクの中では
「バラエティだって勝負にこだわるオレ、かっこいい」
ということになっているのかもしれないが、
会社の二次会でこんなことやったら、
次の日から、冷たい視線が突き刺さること確実である。
少なくとも、40歳過ぎた大人のやることではない。

そして11日に行われたドラマの発表記者会見もおかしかった。
「フレンドパーク」で屈辱的な扱いをされたマツケンが

「仕事なのに(キムタクと共演できて)得した気分です」

などとはしゃいでいたのは、
仕事と割り切ったリップサービスとして、
むしろ同情したほどだが、
キムタクの発言が痛すぎた。

舞台あいさつでは
「最後まで絶対逃げずにやり抜きたいと思います」
と力強く語ったが、(後略)
                 (日刊スポーツ)


ええと、日刊スポーツさん、J事務所からどんな圧力があったんですか?
「最後まで逃げずにやりぬく」
仕事なんだから当たり前です。
逃げたら、契約違反で違約金とられますよ、大騒動ですよぉ!
こんなこと“力強く”語られても、困ります。
つまり、木村さんはイヤなら逃げる、最後は逃げた覚えがある。
そう解釈できてしまいますが。

[関連商品]

 SMAP・【公式うちわ】☆ 木村拓哉・ MR.s 2014-2015 Tour ☆コンサート会場販売グッズ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

話題になった2016年大晦日のスマップメンバーのお疲れ会に、
キムタクも呼ばれていたのに、参加しなかったことも報道された。
もちろん理由は「不明」。
SMAP解散は、もう終わったことなので構わない。
だが、キムタクの主演ドラマは、キムタクの演技はどうでも、
良い脚本が多く、ヒットの実績もある。
今回の「A LIFE ~愛しき人~」(TBS系)も
共演の及川光博や松山ケンイチ、竹内結子らは見たいのだ。
そのことが、妙に腹立たしい。
いや、決してキムタクの凋落を願っているわけではない。
しかし、どうにも釈然としないのは筆者だけではないだろう。

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 木村拓哉 解散原因 松山ケンイチ 無視 東京フレンドパーク エアホッケー 発表記者会見 発言 ツッコミ おかしい

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space