miwa「女が嫌う女」に成長?!坂口健太郎に色目でフルボッコ!

アーティストのmiwa(26)が
“女に嫌われる女”としてフルボッコ状態だという。
2010年のメジャーデビューから、
ギター1本で元気よく歌う姿が好感度を得て、
幅広いファン層を獲得していた。
150cmに満たない小柄な体格も「かわいい」と評判だった。
2013年には『NHK紅白歌合戦』初出場し、
その後も順風満帆に見えたのだが…。

[関連商品]

BACKSTAGE PASS (バックステージ・パス) 2017年 03月号 [雑誌]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回、叩かれているのは
人気俳優・坂口健太郎(25)との共演シーンだ。
miwaと坂口は1月27日、
『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演。
2月4日公開の映画「君と100回目の恋」の宣伝のため、
劇中バンド「The STROBOSCORP」として生演奏を披露。
坂口のカッコ良さには男性からも称賛の声があがっていた。

ところがmiwaの行動には不快感を示す女性が続出。
たちまちアンチが増殖する結果となった。

「ステージ前のトークで、
坂口健太郎とmiwaがお互いの手のひらを合わせたのですが、
坂口ファンはこの行動に激怒。
その後の歌演奏でも、miwaが彼を見る視線や仕草に対して、
『ぶりっこぶってる』
『共演者を落としたいの?』
『男に媚びている』など、
ファン以外からも批判が噴出。
素の彼女に“男ウケ狙い”のレッテルが張られてしまったのです。
今までは“天然”で片付けることができましたが、
これからはそうもいかなくなる」(芸能記者)
              (デイリーニュースオンライン)


[関連商品]

君と100回目の恋 映画ノベライズ [ 下川 香苗 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そもそもmiwaの好感度は近年、下がり気味だった。
きっかけは2015年、映画『マエストロ』でヒロインを演じ、
女優デビューしたことだった。
彼女にすればは仕事の幅を広げたい一心だったのかもしれないが、
歌手一本で行くと思っていたファンからは
「なんか違う気がする」と困惑の声があがった。

その後、出演した2016年の森永製菓の「ベイク」のCMも不評だった。
他の男子と仲良くして笑顔を振りまき、
彼に「妬いちゃってんじゃないの?」という、
小悪魔のような演技を披露。
もちろんCM上の演出であるはずだが、
「あざとい」
「可愛さアピール」
「男ウケ狙い過ぎ」と、
特に女性からのアンチが増加したのだ。

そして、坂口の件へとつながる。
映画は何回も人生をやりなおすタイムリープもの。
坂口は100回の人生をかけてでも
miwa演じるヒロインを守るという純愛を貫く青年を演じる。

[関連商品]

【楽天ブックス限定特典付】miwa Visual Book 『 SPLASH ☆ RHYTHM 』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

見るからに坂口ファンの反感を買いそうな内容で、
miwaのアンチが増殖中の状況では、
他人事ながら大丈夫かと思ってしまうが…。

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : miwa 坂口健太郎 ぶりっこ 男ウケ狙い アンチが増殖 君と100回目の恋 ミュージックステーション 生演奏 不快感 あざとい

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space