木村拓哉ドラマ、予想以上のグダグダぶり!あり得ないと呆れ声!

木村拓哉主演ドラマ、
日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)が話題になっている。
ただし、残念ながら悪いほうで。
SMAP解散後、初のキムタク主演ドラマとあって、
TBSもジャニーズ事務所も力をいれたのだろう、
脇を固める役者がすべて主演級という贅沢さなのだが、
何しろ脚本がひどすぎる。
今日も「日刊サイゾー」に掲載された、
『「A LIFE」根幹を揺るがす変更』なる記事が
ライブドアニュースのランキングトップになっているほどだ。

[関連商品]

Kiite! 2017年2・3月号・表紙:木村拓哉
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

記事の内容はドラマの重要人物、
キムタク演じる沖田医師を病院に呼んだ院長が
初回とはまるで人が変わってしまったというものです。

院長・虎之介(柄本明)は「人々のための医療」という信念をもち、
娘婿の壮大(浅野忠信)が進める病院経営の合理化に
真っ向から対立する人物でした。
そして、沖田の恩人でもあり、
「目の前の命を救う」ことを何よりも大切にする
天才外科医・沖田にとって尊敬できる医師だったのです。

その院長が第三話では、なぜか患者、
それも自身がもっとも大切にする小児科の
幼い女の子の命を平気で危険にさらすという体たらく。
演じている柄本さんが気の毒になるような展開です。
これを指して記事の執筆者は
「ドラマの根幹をゆるがすキャラ変」と形容します。

そして、残念ながら筆者も同じ感想です。

[関連商品]

ドクターX 〜外科医・大門未知子〜 DVD-BOX [ 米倉涼子 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

病院内での派閥争い、権力闘争というのは、
「白い巨塔」から「ドクターX」にいたるまで、
医療ドラマの定番の一つであり、
「A LIFE」もそれを踏襲していると思ったのですが、
今後、どうするんでしょうね。
院長も副院長も、患者より身内や病院経営が大切なら、
キムタク演じる沖田医師が壇上病院にいる理由はなくなり、
さっさとアメリカに帰ればいいことになっちゃいます。
沖田医師は木村文乃演じる看護師に初回から、
「ここは貴方のいるべき病院じゃない」といわれてますし。

まあ、それ以外にも、このドラマ、初回からグダグダです。

だって心臓外科の専門医であるはずの沖田に、
日本でトップの脳外科医の壮大が
「深冬の脳の手術をしてくれ」
と頼むんですから。
ちなみに深冬(竹内結子)は壮大の妻で、
昔は沖田と恋仲だった女性。
もちろん医師が家族の手術をしない、
という例は数多くありますが、
心臓外科医が脳の難しい手術をするなんて、
素人が考えても納得できない話です。
そして、専門の医師も
「絶対にあり得ない」とBLOGOSに書いてました。

さらに初回には病院の医師たちが
「アメリカの医療は高度に専門化、細分化が進んでいる」
なんて話もしてましたし。

[関連商品]

DOCTORS 2 最強の名医 DVD-BOX [ 沢村一樹 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

という理由もあり、
数々の名作がある医療ドラマの分野で、
このグダグダぶりはちょっとないなぁと思います。
視聴率が13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と
過去最低を記録したのも仕方ないでしょう。

もちろんドラマですから、リアリティがなくたって構いません。
そもそも「ドクターX」なんて
「専門医のライセンスを武器に」している女医が主人公ですが、
日本の医師免許には
「専門医のライセンス」はありませんから。

キムタク主演ドラマだからイヤとは違います。
ただ、素人が呆れるような展開、
しかも、これだけ豪華な俳優陣を揃えて、
もったいないし、止めて欲しいと心から思います。

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : A LIFE~愛しき人~ 木村拓哉主演 ドラマ キャラ変 ひどい 脚本 感想 話題 浅野忠信

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space