キンコン西野、ただのスケベ?!絵を始めたきっかけに悲鳴!

いまや絵本作家としての活躍のほうが目立つ、
お笑いコンビキングコングの西野亮廣。
細密な画風は見るものを魅了するが、
絵を描き始めたきっかけが思いがけないものだった。

[関連商品]

えんとつ町のプペル [ 西野亮廣 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20日放送の「痛快!明石家電視台」(毎日放送)で、
西野自身が明かしたところによれば、
特に絵が好きだったわけではなく、
きっかけは
「クラス(メート)の女の子の裸を想像して描いた」ことだった。

西野は小学生のときから硬派を気取っており、
女子とは話さないようにしていた。
ところが、そんなキャラが災いして、
中学2年生になって性に目覚めたとき、
クラスメイトの男子が回し読みしている
エッチな本やビデオを貸してとは言えなかったとか。

もちろん、自らエロ本を買うお金もなかった。
そこで考えたあげくに、
「女の子の裸を想像して描いた」のだという。

この告白に、スタジオの客席からは
「ええええー…っ!!」と悲鳴が上がっていた。

[関連商品]

Discover Japan 2017年2月号 Vol.64【電子書籍】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もっとも、女の子にモテたくてギターを始めたという
ミュージシャンは星の数ほどいるし、
思春期の男子が頑張る理由としてはしごく健全かもしれない。
それで27万部のベストセラーを作ったのだから、
“性の力”おそるべしw

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 西野亮廣 イラスト きっかけ 意外 明石家電視台 2月20日 センター街 エロ本 AV

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space