浅田舞、妹・真央との確執あった!母の愛と期待が!

浅田舞(28)といえば、
現在ではプロスケーターであるとともに、
タレントとしても盛んに活動しているが、
一時期は“浅田真央の姉”として扱われていた。
日本中の期待と注目を集めた妹の存在は、
姉を苦しめただけでなく、
親子関係をも狂わせたそうだ。
一時期、母親から「妹には会わないで」
と告げられたこともあったという。

[関連商品]

【限定版】浅田舞写真集「舞」<追加カット付/Relax Ver.>【電子書籍】[ 浅田舞 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

26日、カンテレの「お笑いワイドショー マルコポロリ!」に出演し、
妹の浅田真央(26)や母親との確執を語った。

番組は姉妹のスケート人生を紹介。
舞が7歳、真央が5歳の時にスケートを始めた。
当初は舞のほうが年長であることから上達は早かったが
舞が16歳、真央が14歳の時に逆転。
2004年の全日本ジュニア選手権で真央が優勝した。
その後、真央は女子フィギュア期待の星として全国的に注目を浴び、
舞は「真央のおねえちゃん」と称されることもあった。

舞は子どもの頃を振り返り、
「親は姉である私に期待をかけていた。
真央より年長だったぶん覚えも早く、
背が高いから見栄えも良かった」と話した。
その分、練習は厳しく
「学校と寝る時間以外はスケートリンク。
お母さんの圧が私だけにかかっていた感じだった。
期待が苦しくてトイレにこもったことも」
あったという。

一方で、母は真央には自由にやらせていたと舞は話した。
しかし、真央も複雑な思いを抱え、舞は
「後から妹に聞いたらお母さんはおねえちゃんばっかりで、
いつも見てもらえなかった。
だからほめてもらいたくって頑張ったみたいです」
と真央もまた孤独な思いを抱えていたことを話した。

やがて姉妹は米国でレッスンを受けるようになった。
しかし、舞は
「食べる量がどんどん増えた。今より20キロくらいは重かった。
練習も行かず公園でお昼寝して食べてどんどん太っていくみたいな。
体重が増えて競技ができませんとなった」
とスケートから脱落していくことに。

母親が愛情を注ぐ対象も変わり、舞は
「お母さんは妹にシフトチェンジした」と表現。
母から
「妹と会わないでくれ。極力会わないで」と言われたという。
帰国後、舞は家族と仲が悪くなり家にはあまり帰らなくなったという。

その後は時間をかけて真央との距離が縮まっていった。
母が死に際し、
「2人だけの姉妹なんだから支え合って生きていきなさい」
との言葉を残したこともあり、関係は修復。
今では「親友同士みたいな感じです」と舞はほほ笑んだ。
                    (デイリースポーツ)
[関連商品]

[DVD] All History 浅田真央 〜花は咲き星は輝く・浅田舞・真央姉妹11年間密着〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

番組を見ていないのでわかりませんが、
芸能人が私生活をネタにするようになると、
落ちぶれる前触れという感じがするのですが。
大丈夫なのかなぁ。

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 浅田舞 浅田真央 家族 お母さん 期待 複雑な思い マルコポロリ! スケート人生 真央のおねえちゃん 女子フィギュア

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space