韓国の美の基準はボクの捏造です!高須院長、ぶっちゃけ!

文春オンラインに高須クリニックの
高須克弥院長のインタビューが掲載されているのだが、
これが実に面白かったので抜粋してご紹介。
たとえば好きな顔については、
高須院長はアヒル口、涙袋、漫画っぽいデカ目が大嫌いだそうだ。
「アヒル口で涙袋があったらね、
僕、その子を銃で撃ってやりたいくらい(笑)」
この調子で全編、高須節全開だ。

[関連商品]

行ったり来たり 僕の札束 [ 高須 克弥 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

美容整形外科歴40年以上の高須院長によると、
美しさにも流行があるそうで、

「昔はやたらエクボを作りたい人がたくさん来てたし、
八重歯を作りたいという人もいた。
時代によって美的感覚は変わるんですよ」

と、専門家として一定の理解はしめしつつも、
美人とは「バランスが整った顔」が持論の院長は、
一点豪華主義、つまり「アヒル口にさえなれれば」と考える
いまの若者の感覚が嫌いと言い切る。
「僕の美の基準や美的感覚とズレてる」のだそうだ。
その代わり

「“お金持ちおばさん”とは心がひとつですよ(笑)。
医者と患者の心がひとつになってこそいい作品が作れるの。
(中略)
僕は吉永小百合と同い年ですから、
その世代の人たちは僕が美しいと思っているものを
美しいと感じてくれる。
日本画家に「油絵描いてくれよ」って言っても断られるでしょ。
パトロンと芸術家の心がひとつになって
初めていい作品ができる。
美容整形もそれと同じことなの。
                (文春オンライン/鳥集 徹)


確かに、美をつくる整形外科医は芸術家的な部分があるかもしれない。
ところで、お隣の韓国は整形大国といわれ、
特に女性アイドルなどは「みんな同じ顔」と揶揄されることもあるが、
なんと、あの顔は高須院長が基礎を作ったのだそうだ。

[関連商品]

その健康法では「早死に」する! [ 高須克弥 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「韓国の美の基準は僕が捏造したものですから(笑)。
金大中大統領の頃まで、
韓国で売られていた美容整形の本は
僕が書いたものしかなかったんです。
(中略)
韓国の美容外科の学会(大韓美容外科学会)の初代メンバーは、
僕の弟子ばかり。
だから、よく韓国の美人コンテスト入賞者は
みんな同じ顔をしてるって言われるけど、
あれはもともと僕のオリジナルなの」
                (文春オンライン/鳥集 徹)


まさに、衝撃の事実!
韓国で美人といわれる女性は、
吉永小百合の面影が…あるかなぁ。
吉永小百合と比べると、
ずいぶんと顔がほっそりしている女性が多い気がするが、
どうだろう。
とはいえ、高須院長が「美容整形」について
啓蒙活動を行ったのは日本も同じはず。
整形大国になった理由は、また別なのだろう。

[関連商品]

COLEZO!::吉永小百合ベスト [ 吉永小百合 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

美の基準はバランス、
理想はギリシャ彫刻のような黄金比とは、
専門家がよく口にする話ですが、
みんな同じ顔になってしまったら、
かえってバランスの崩れた顔を美しいと感じたりするのでは?
などと思ったりするのですが、
高須院長、いかがでしょう?

高須院長のインタビューが読める
「文春オンライン」はこちら→


テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 高須院長 同じ顔 整形大国 美容外科 美容整形 アヒル口 涙袋 高須クリニック 美の基準 韓国

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space