マツコと山里が「腹が立つ」台本!スタッフの偏見がひどい?!

マツコデラックスが司会をつとめるトーク番組
「アウト×デラックス」(フジテレビ系)で25日、
南海キャンディーズの山里亮太とマツコが
「怒りを覚える台本」について意気投合していた。
台本というとドラマを思い浮かべるが、
バラエティ番組でも番組の流れを書いた台本があるのだそうだ。

[関連商品]

たりふた SUMMER JAM '14〜山里関節祭り〜 [ 山里亮太 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この日、ゲストの俳優鶴見辰吾が
ドラマの撮影では、
事前に渡される現場までの地図の正確さなどから、
その番組のスタッフの良し悪しや力量が分かると力説。
するとレギュラーの山里亮太は、
「バラエティ(番組)だと、想定台本に愛があるかないってのが、
僕みたいなタイプだと…」と語り始めた。

山里によると
「想定台本ってのは、こういうボケがきたら僕なんかツッコミ役で、
例えばツッコミの僕の台詞が書いてある」
ものなのだが、
「なんでだよ!」「いい加減にしろ!」などの
一般的な言葉が書いてあるのが普通だが、
「そこに『確かに俺なんか死んでも誰も泣かないけど!』って
(書かれていて)。なんだこれ?と思って」
「お前(台本を書いたスタッフ)の気持ちが入りすぎてねぇか?」
と不満を口にすると、マツコも「わかる」と頷いていた。

しかし山里はかなり腹に据えかねていたようで
「(台本に)『また俺スベってるじゃないですか!』とか。
スベった後に俺は言うから」
「何をスベる前提で書いてんだ、この野郎。あの番組は」
と、特定の番組への恨み節を次々と暴露した。

これを聞いていたマツコも不満があるそうで
「あたし語尾にね、にょろにょろって付けられてると腹立つの。
『〇〇なのよ~』みたいな」
とオネエ言葉を意識したような語尾に、
苛立ちを覚えていると明かした。

これに山里が理解を示すと、マツコは
「ぜってぇ読むもんか、と思って」と、
実は現場で密かに反抗していることを告白し、
笑いを誘っていた。

[関連商品]

新企画 渾身の企画と発想の手の内すべて見せます【電子書籍】[ 鈴木おさむ(放送作家) ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どんな場所でも仕事のできない人物、
思い込みの強すぎる人物は存在するんですね。
当たり前のことですけれども。

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : アウト×デラックス マツコ 山里亮太 台本 怒り 鶴見辰吾 スタッフ スベってる 不満 苛立ち

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space