尾田栄一郎がコメント!”ONE PIECE実写化”期待して!

21日の実写化発表を受けて、
ファンから続々と不安の声があがっている
人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」。
特にハリウッド制作のテレビドラマという点で、
「なぜ日本でやらない?」
「ルフィが英語しゃべってるだけで違和感ありあり」
など違和感を示す声も多い。
しかし作者の尾田栄一郎氏が
「期待して」とのコメントを発表した。

[関連商品]

ONE PIECE magazine Vol.1 (集英社ムック) [ 尾田 栄一郎 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

尾田氏のコメントは21日、
東京タワー内の「東京ワンピースタワー」内で行われた
「週刊少年ジャンプ」連載20周年記念イベントで
同誌の中野博之編集長が明かしたもの。

初の実写化に際して尾田氏は
「20年の間に実写映画化の話はいくつもありました。
僕が実写化に踏み出そうと決めたのは約3年前」
とした上で、
「紆余曲折あり、良いパートナーに出会い、
ちょうど20周年を迎える今日、
その制作発表に至ったのは実は偶然であり、とてもうれしく思います」
と、実写化を喜んでいる様子。

ただ「原作レイプ」という言葉に象徴されるように
人気アニメの実写化ではファンからの不安の声も予想される。
特に、「ONE PIECE」は主人公のルフィはゴム人間の能力を持ち、
体が自由自在に伸びる。
ゾロの剣技、サンジの足技はともかく、
チョッパーの変身や数々のキャラクターの能力をどう表現するのか、
不安と期待がうずまくところだ。

こうした点を見透かしたように、
尾田氏はコメントの中で以下のように触れている。

「まず『20年間作品を支えてくれたファンを絶対に裏切らない事。』
これが僕からの条件です。
不安の声もあがるでしょうが、どうか期待の声をください。
そして、胸を躍らせ続報をお待ちください。お楽しみに!!」

世界的な人気漫画であり、
希代の人気作家である尾田氏が
何年も模索した上での実写化であることが伺えるコメントだ。
手がけるのは、「プリズン・ブレイク」で知られる
マーティー・アデルスタイン氏の「トゥモロースタジオ」であり、
詳細は不明だが、
アデルスタイン氏は
「本作品はテレビシリーズ史上、
最も制作費が高い作品になると思います」
とコメントしている。

[関連商品]

プリズン・ブレイク シーズン1 SEASONSコンパクト・ボックス
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

また今回の実写化にあたっては、
尾田氏や集英社も
共同パートナーとして関わるとのことで、
ファンの不安は少しは緩和されそうだ。
ルフィのように
「仲間を信じる!」強い気持ちで朗報を待ちたい。


テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : ルフィ ONE PIECE ワンピース 実写化 尾田栄一郎 コメント ハリウッド テレビドラマ 紆余曲折

最新記事
check it out!

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,480から
(2017/3/10 19:34時点)

ブログ内検索
おいしく東北応援!
カテゴリ
オススメ情報
大人気スイーツ








いいね!
adad2
人気ページランキング
ブログパーツ
ad space