FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店員に偉そうするヤツは最低!たけしが語る“粋なふるまい”!

酒に酔ってビール瓶でなぐるは論外にしても、
コンビニやファミレスなどで
従業員に横柄にふるまう高齢者など、
人としての“品格”や“礼節”が話題になっている昨今。
ビートたけしは新著『バカ論』で、
サービス業に対して偉そうに振舞う人間を
手厳しく批判している。
それだけでなく、対処の仕方がなんとも粋なのである。

[関連商品]

バカ論 (新潮新書) [ ビート たけし ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※以下「バカ論」より抜粋

「おいらには昔から癖のようなものがあって、
それは、どんな店に飯を食いに行っても偉そうにできないこと。

 おいらが行くと、店の人もいろいろサービスしてくれて、
『本日のおすすめです』とか言って、
何たらかんたらのソテーなんて高級そうなやつを持ってきてくれる。
それはありがたいし、たいていはうまいんだけど、
中には『うん? ちょっと違うな』と思うこともある。
だからといって、『こんなもの食えるか!』
なんて態度は絶対に取らない。
文句は一切言わない。

 あれっと思っても、『ああ、おいしいね』ってそれだけ。
ワインもバカ高いやつを出されて、
『値段の割には大したことない』なんて思っても、
それは腹にしまって、いつも黙って飲んでいる。

 つまり、客商売をやっているところに行って、
ケチつけたりするのが大嫌いなの。
それはメシ屋でもソープでもどこでも同じ。
他人様が商売しているところに行って、
『金払っているのはこっちだろ』なんて、
偉そうに文句つけたりするのは最低だね。

 ダメだったり、気に入らなければ、
二度と行かなければいいだけのこと。」

では、たけしの考える粋なふるまいとは。

[関連商品]

アナログ [ ビート たけし ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それをたけしは師匠である深見千三郎に教えられたという。
深見氏はコメディアンであり、演出家、脚本家でもあった。

 まず、金の払い方。
昔気質の深見さんは、
食事代とは別に板前に祝儀をあげることを常としていた。
粋なのはその渡し方だ。

「食べて、偉そうに『ほら、とっとけ』なんて渡すのじゃなくて、
店を出てから弟子のおいらに『渡してこい』とやる。

『店にいる間に渡したら、
“ありがとうございます”なんて、
俺に気を遣って挨拶に来るだろう、バカ野郎。
だから店を出てから渡すんだ』と、
そういうしきたりみたいなものにはきっちりしていたし、
うるさかった」

祝儀をわたすというのは難しいものだが、
確かに、これなら受け取ったほうは
気持ちの負担にもならず、
嬉しさもひとしおだろう。

さらに深見さんがかっこいいのは、
その哲学を徹底的に貫いたからだ。
あるとき、弟子のたけしが深見さんに
食事をおごってくれとねだったときのこと。
深見さんはダメだと即答したそうだ。
師匠のふところ具合を把握していたたけしは、
「飯をたべる金はあるじゃないですか」というと、
「ばかやろう、祝儀をわたす金がないんだ」
といったという。

[関連商品]

テレビじゃ言えない (小学館新書) [ ビート たけし ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

稀代のモテ男として知られる深見氏。
そのモテる秘訣は、
頑ななまでに自分の美学を貫く、
その姿勢にあったのかもしれない。

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : バカ論 ビートたけし 品格 最低 深見千三郎 金の払い方 祝儀

最新記事
アドセンス
カテゴリ
いいね!
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。