FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登坂アナこそ「セクハラ特集」を!長谷川豊(元問題アナ)が進言!

一言多いアナウンサーとして有名だった
元フジテレビの長谷川豊氏(42)が、
フジが元NHK登坂淳一アナー(46)の
ニュースキャスター採用を見送った件に関してブログを更新。
「登坂アナはむしろ
自分のニュースをトップで扱った方がいい
と思うのだが…」
と題して自論を展開した。

[関連商品]

現場で役立つ! セクハラ・パワハラと言わせない部下指導 グレーゾーンのさばき方 [ 鈴木 瑞穂 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長谷川氏は登坂氏のセクハラ問題が
何年も前のことであるとし、
降板は不憫に感じる。
登坂氏が望んだことではなく、
フジが切り捨てたのは誰でもわかるとした。

そのうえで“降板”はかえって登坂氏に不利に働くと主張。
『あぁ、もっとひどい続報がある自覚があるのね』
『そうなる前に逃げたのね』
と思ってしまうのが一般的な感覚であり、
「事実とは異なる部分がある」との
登坂氏のコメントが真実であれば、
むしろ堂々と説明すべきだと書いている。

「逆に初日のニュースに自身の文春報道を絡めて、
徹底的に特集まで組んで
『セクハラ問題特集』をやれば
一気に視聴率も取れたように思う。」

ううむ、確かに、いまのフジに足りないのは、
そういうしたたかさかもしれない。

[関連商品]

パワハラ・セクハラ・マタハラ相談はこうして話を聴く こじらせない!職場ハラスメントの対処法 [ 野原蓉子 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長谷川氏の主張、確かに一理はあるんですけどねえ。
いま現在のフジテレビの立ち位置からすると、
炎上商法まがいの手法は、
危険のほうが大きいような気もします。
ただフジの扱いが酷いことにかわりはなく、
芸能人、アナウンサーの皆様、
フジテレビの甘い誘いには乗ってはいけませんよ!
ということでしょうかw

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 長谷川豊 登坂淳一 NHK フジテレビ プライムニュース キャスター 降板 ブログ セクハラ

最新記事
アドセンス
カテゴリ
いいね!
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。