マツコ「英語教育なんてムダ!」と断言!プログラミングもムダw

マツコ・デラックスが「夜の巷を徘徊する」(テレビ朝日系)
という、そのまんまのタイトルの番組の1日放送で
幼児に対する英語教育を「ムダ」だと断言し、
話題になっている。

[関連商品]

英語教育が亡びるとき 「英語で授業」のイデオロギー [ 寺島隆吉 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この日はマツコが東京都世田谷区池尻にある
複合施設「IID 世田谷ものづくり学校」を訪問した。
そこで小学生向けプログラミング教室
「世田谷ハツメイカー研究所」で
プログラミングを体験することになった。
小学校では2020年度から
プログラミングが必修化されるが、
この教室はそれを見越して開いたものだという。
子どもたちはプログラミングを用いて、
自分だけの小型ロボットを
カスタマイズできるようになるそうだ。

すると、マツコは
「そうやって、また私たちは
ポンコツとして生きていかなきゃならなくなるの?」
「『お前、プログラミングもできない太った老人だろう?』
っていう格差社会が生まれるのね?」
と、自虐を交えて毒を吐き始める。

続けてマツコは
「こんなこと言ってしまったら身もふたもないですけど、
そんな必死に勉強する必要はありません」
と言い切ったのだ。
なぜなら科学の進化が著しく、
コンピューターはさらに簡単に、
誰でも使える家電並みになるという。
そのため、マツコは現在何も勉強していないそうだ。

さらにマツコは幼児に対する英語教育にも言及し、
「あんなのムダだからね!」と断言。
今の子どもたちが大きくなる頃には、
言語の同時通訳技術が十分に発展するため、
受けた教育が無駄に終わる、ということらしい。

「言葉なんかしゃべれなくても、
どこにでも行けるようになるから」
学習を否定するような持論を展開したが、
最後は
「って言うと、向上心がなくなるのね」
とつぶやいて笑いをとっていた。

[関連商品]

ハーバード式 5行エッセイ英語学習帳 [ 青野 仲達 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小学校での英語必修化には
反対の専門家も多いんですけどね。
それより、きちんとした日本語力を!
と個人的には思いますです。
はい。

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 夜の巷を徘徊する 英語教育 ムダ マツコ・デラックス 世田谷ものづくり学校 プログラミング 必要 コンピューター

最新記事
アドセンス
カテゴリ
いいね!
ブログ内検索