木村拓哉、マツジュンに完敗!ジャニーズ世代交代くっきり!

木村拓哉主演ドラマ
『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の
第3回の平均視聴率が13.4%だったことがわかった。
初回15.7%と今期ドラマの最高を記録したが、
第2回は15.1%と微減。
同じジャニーズ事務所の後輩、
松本潤主演のドラマ『99.9』(TBS系)に
大きく水を開けられ、
皮肉にも世代交代を印象づける結果となりそうだ。

[関連商品]

A LIFE〜愛しき人〜Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 木村拓哉 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

木村拓哉にとって今回のドラマは、
“負けられない戦い”だった。
スマップの解散騒動でイメージが急落。
そして解散直後の2017年1月期に放送された
主演ドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)は
脇役にも主役級の俳優を集めたにも関わらず、
平均視聴率は14.5%と微妙なラインに終わった。
しかもドラマで話題になったのは、
天才外科医を演じたキムタクではなく、
浅野忠信の怪演ぶりだった。

そんな“逆風”のなか、
公開された映画『無限の住人』は大コケ。
事務所の後輩、V6・岡田准一の活躍ぶりと比べると
無惨なまでの敗北だった。
なにしろ岡田は『永遠の0』や『蜩ノ記』で
最優秀男優賞や助演男優賞を総ナメ。
さらに昨年公開された『関ヶ原』でも、
各映画賞にノミネートされたほど。

SMAPというブランドを失い、
観客動員も見込めない木村には
もはや映画界に居場所はないだろう。

[関連商品]

無限の住人 ブルーレイ&DVDセット プレミアム・エディション(3枚組)(初回仕様)【Blu-ray】 [ 木村拓哉 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして今期のドラマ『BG』だ。
江口洋介、上川隆也、斉藤工、石田ゆり子といった
超豪華な俳優たちを脇役として使い、
さらに毎回のゲストも大物ばかり。
コストパフォーマンスを考えると、
視聴率15%超えでも赤字だろう。

いっぽう松本潤のドラマ「99.9」は、
初回こそ15.1%と、
キムタクドラマに遅れをとったものの、
第2回18.0%、第3回16.2%と好調をキープ。
共演ももっともビッグネームなのが香川照之だから、
製作側にとって、
どちらが今後とも使いたい俳優かは明らかだろう。

そしてキムタクは今年公開予定の映画
『検察側の罪人』で
後輩の嵐・二宮和也と初共演を果たす。
これもスマップ時代には考えられなかったことだ。
まして二宮は『硫黄島からの手紙』で
ハリウッドから高い評価を受けている。
いっぽう木村は相変わらず“キムタク”のままだ。

[関連商品]

検察側の罪人 上 (文春文庫) [ 雫井 脩介 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以前からその兆しはあったものの、
スマップの解散があまりにも突然だったために、
ジャニーズの世代交代と
キムタクの凋落は
一つの時代の終わりを感じさせる。

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 木村拓哉 BG 視聴率 99.9 松本潤 ドラマ 完敗 世代交代 負けられない戦い 大コケ

最新記事
アドセンス
カテゴリ
いいね!
ブログ内検索