FC2ブログ

マツコの“教育力”が凄い!テレ東社長も脱帽!

5月19日から特番として放送されている
「無理やり、マツコ。テレ東に無理矢理やらされちゃったのよ~」
で、実に7年ぶりにテレビ東京に出演する
マツコ・デラックス。
すでに全国ネットの民放局すべてで
レギュラー番組をもっているマツコ。
その凄さは“教育力”にあると
スポーツ報知が伝えている。

[関連商品]

【北海道の米屋しか手に入らない】曽根さんが育てた「ななつぼし」 10kg(5kg×2袋)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マツコは一タレントとしての立場を超えて、
共演者やプロデューサーにもダメ出しをする。
クイズ形式の番組「マツコがマネーをあげたいクイズ」の
収録現場ではテレ東の原田修佑アナウンサー(24)に

「おまえ、遠慮しなくていいからな。
誰もおまえのこと知らないんだから」
「もっと我を出せ! 我を見せてくれ」
「ヘタクソー~! おまえ、アナウンサー向いてない」

などと叱咤激励。
それがイヤミにならないところが
マツコの人徳だろう。

こうしたマツコの姿勢は各局の番組でも垣間見えるが、
実は現場ではプロデューサーなど、
スタッフにも同じように接しているのだという。
現在のテレ東隆盛の中心人物と噂されている
敏腕プロデューサー佐久間宣行氏(42)に対しても

「おまえ、ヒットプロデューサーとして
インタビューとか受けてたけど、こんなもんか?」
「慣れ過ぎちゃってる。
慣れで仕事するのって良くないんだよ」
などと容赦ない“口撃”をしていたそうだ。

しかしプロデューサーはもちろん、
テレビ東京の小孫社長もマツコに対して
いろいろな意味で参考にしたい。
ありがとうございますと言いたいです」
と、感謝を述べている。
単に売れっ子タレントだからではなく、
マツコの指摘が的確で温かいものだからだろう。

[関連商品]

求められる人材になるための社会人基礎力講座 [ 山崎紅 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スポーツ報知はマツコを
一緒に仕事をすることで
アナウンサーもスタッフも
みんなが成長できる希有な存在だといい、
これこそがマツコの教育力であり、
これほどの売れっ子になった理由であると分析する。
とうぶんマツコの快進撃は続きそうだ。

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 無理やり、マツコ 教育力 テレビ東京 叱咤激励 プロデューサー アナウンサー

最新記事
アドセンス
カテゴリ
いいね!
ブログ内検索