FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木梨憲武、W杯“パス回し”に理解!信頼関係あってこそ!

国際的にも賛否両論の
ワールドカップ日本代表の対ポーランド戦。
サッカー大好き芸能人のなかでも
意見がわかれるところではありますが、
木梨憲武は「F1の戦い方」と理解をしめしてます。

[関連商品]

BLACK 【木梨サイクルスナップバックキャップ(SHADOW) KINASHI CYCLE】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

木梨は友人たちとテレビ観戦していたそうで、
試合後に45分間も、
みんなで飲みながら話し合ったそう。
それでも何が正しいのか結論はでなかったと
打ち明けています。
ただ戦略としてはF1の戦い方と似ているといい、
例えれば
「攻めてクラッシュするよりは、
今の順位でゴールしてポイントを稼いだ方がいい」
という場合だったとしています。
そして、あのボール回しに終始した終盤は
「選手と監督の信頼関係があってこその戦い方」
また西野監督が
「責任はすべて取る」と覚悟を決めたうえで
出した指示だろうと心境をおもんぱかってます。

木梨憲武 ボール回しはF1の戦略

[関連商品]

勝利のルーティーン 常勝軍団を作る、「習慣化」のチームマネジメント [ 西野朗 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

木梨さんのこの解説は、
とてもわかりやすいとネットで評判です。
イチバン戦いたかったのは選手たちでしょうし、
観客からのブーイングもたくさんあった、
あの状況で監督の指示を忠実に実行したのは、
監督の状況判断を信じていたからですよね。
そしてトーナメントで勝ちあがるという
無理して表面上だけ美しく敗れるなんて、
勝負の世界ではアマチュアのやることです。
色々な意味で日本代表、よくやったと思います。

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 木梨憲武 目線 日本代表 ワールドカップ パス回し F1 信頼関係 西野監督

最新記事
アドセンス
カテゴリ
いいね!
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。