FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小室哲哉に文春砲炸裂!KEIKOに関して嘘ばかりだった!

今年、2018年の1月19日、
日本の芸能界に激震が走った。
音楽プロデューサー小室哲哉が
引退会見を開いたのだ。
一般女性との不倫を文春にスクープされ、
それを受けての記者会見のはずが、
まさかの引退宣言に、
週刊文春への非難も殺到した。
ところが、この会見で語られたことが
嘘ばかりだったという。

[関連商品]

【T盤+K盤 全2種セット】TETSUYA KOMURO ARCHIVES "T" & "K" [4CD+4CD] 小室哲哉作品集 2018/6/27発売
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

具体的にどこが嘘だったのか。
それは妻KEIKOの病状について。
そもそも不倫相手A子さんは看護師。
小室はKEIKOさんが2011年にくも膜下出血で倒れて以降、
介護のストレスの中で
A子さんが精神的な支えになっていた。
しかし、男女関係はないと釈明した。
誰もが不自然だと思ういいわけではあるが、
自ら「すでに男性としての機能はない」とまで言い切り、
さらに「私の罪の償い」として
自発的な音楽活動からの引退を表明したことから、
一気に小室に同情が集まった。

不倫の理由は妻KEIKOの介護疲れ。
そして妻はすでに女性ではなく、
子どものような精神状態であり、
日に日にコミュニケーションが難しくなっている。
『今は小学4年生くらいの
漢字のドリルとかが楽しいみたいです』
などと語っていた。

ところが、KEIKOは現在、
故郷の大分で家族と暮らしており、
小室は介護などしていない。
さらに、KEIKOは介護が必要な状態でもない。
そしてKEIKOが漢字ドリルなどをやっていたのは
5年以上前だという。

またKEIKOが音楽に興味がなくなり、
仕事の話などもできなくなったといっていたが、
実はKEIKOは友人とカラオケなどにも行っているという。

結局、KEIKOに関する話は、
何から何まで嘘だったと文春は断じている。

[関連商品]

globe 20TH ANNIVERSARY SPECIAL ISSUE 小室哲哉/ぴあ編 【ムック】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もし文春砲がホントなら、
TKは病気の妻を不倫の言い訳に利用したわけで、
最低ですね。
真実は週刊文春でどうぞ。
文春オンライン

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 小室哲哉 KEIKO 不倫 引退 記者会見 病状 介護 文春砲

最新記事
アドセンス
カテゴリ
いいね!
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。